2019年4月

18日

近所の猫が死んだ。

本来の名はプーチャンらしいのだが、俺はそのずうたいの大きさからタヌキと読んでいた。

最後に我が家に遊びに来たのは3月の暖かい日のこと。

冬の寒い時期にはほとんど姿を見せず、一旦暖かくなれば再び冷え込むまで雨の日を除いて毎日遊びに来る、そんなことをずっと繰り返してきた。

以前、雑記で朝、家の扉を開けたらゴツンと頭を打つ猫がいると書いた、あの猫のことだ。

もう一歩下がって待てばいいものを、学習能力がないのか毎朝ゴツンとやっていた。

よって俺も扉をそっと開けるようになった。

そんな姿が可愛らしかった。

先月遊びに来たときは、

「ああ、また今年もコイツが遊びに来る季節になったか」

と思ったものだ。

しかし姿を見せたのはその一日だけで、天気の良い日が続いても遊びに来ることはなかった。

そして先日、飼い主からの訃報。

老衰だったのだそうだ。

今まで可愛がってくれてありがとうと、お礼にドラ焼きを一箱もらった。

何でも昨今は世知辛い世の中のようで、あちこちの家先でおっぱらわれ、我が家のように外でのんびり過ごせる場所も少ないのだそうだ。

我が家は完全に別荘だったからな。

ある時、ウトウトと昼寝して眼が覚めたら横でタヌキが寝ていたこともあったな。

せっかく春になったというのに、ああ、寂しいものだ。

我が家は俺も親父も動物ウエルカム。

絶好の日当たり場でもある我が家の縄張りが空いたので、やがて次の猫が来るのも時間の問題だろう。

ちゅうか、既に真っ黒の猫をちょくちょく見かける。

俺が帰宅すると一目散に逃げて行くが、さて、今後どのような関係が構築されるのかされないのか。

11日

俺のサイトの中心コーナーといえば調教百態やコラムということになるのだろうが、今回からはもう少し真剣に書いてみようと思った。

今まで手を抜いたつもりもないが、内容を思い付いて、あるいは内容を選んで一気に書き上げるまでの時間は約15~20分といったところ。

それをそのままアップしてきた。

これからはもう少し丁寧に書こうと思った。

なぜこんなことを急に言い始めたのかと言えば、マインドマップという本をジュンク堂で見つけて買ったから。

早速この本で得たスキルを文章に生かしてみようというわけ。

それが今日アップした調教百態:待ち合わせ調教だ。

少しは読み応えのある内容になっただろうか?

それとも、あまり変わらない?

4日

日々数多くの料理家、料理研究家がテレビに出ているようだが、もちろん玉石混合の形相であって、果たして誰が一流なのか?と考えた時、俺の感性で唯一、一流と呼ぶに相応しいのは道場六三郎氏だ。

なぜそう思うのか?

これを言葉にするのは難しいが、料理はもちろんのこととして、画面を通じて感じる人間性等々でそう感じるわけである。

最近全くテレビでは見かけないようだが、それも良い。

一度氏の店で料理を食べてみたいのだが、残念ながら大阪にはない。

今GW、東京に行くので最有力食事候補店だ。

4,5万円ほど用意しておけば大丈夫だろうか。

今日、東京行きの新幹線指定席を買ったのだが、往復の値段が28,000円。

LCCなら大阪-台北往復20,000円程度なので、何かおかしくないか?

LCCが安いのか、新幹線が高いのか?あるいは、両者か?

新幹線がもう少し安くなれば東京でのSM調教も、もっと回数が増えるのだがな。

雑記一覧へ戻る


このページの先頭へ