first letters to shadow

このコーナーではM女から届いた一通目のメールのみを集めて紹介しようと思う。

これらは全て俺の大切な宝物である。

俺のサイトでなければ決してこの世界に足を踏み入れなかったであろうM女も多く、よって、そんじょそこいらでは決して見ことのできない極めて貴重な内容であると自負する。

彼女たちは震える指先でキーボードを叩きながら、心の奥底を吐露してくれている。

M女においては共感することも多々あると思う。

S男においては、パートナーを得るに当たっていろいろ参考になる部分もあろう。


スマホから短文でさくっと調教依頼...というのが昨今の主流ではあるが、そんな時代にあってもまるで手書きの手紙のような心のこもった依頼が届くこともしばしばだ。

例えデジタルであっても、もはやそれはメールではなくレターと呼ぶに相応しい。

よって、当コーナーのタイトルも「letters」とした。


本来であればその後のやりとりも紹介できればいいのだろうが、デイルーチンはできるだけ減らすようにしている。

どうかご了承頂きたい。


サイト開設以来頂戴した一通目のメールのみでも優に複数冊の本が出来上がる程の文章量となるので、できるだけいろいろな系統のメールが混ざるよう俺の主観を捨ててアトランダムに選んだ20通程のメールを紹介する。

尚、本人特定に繋がる部分は削除編纂等してあるので一部のメールについては全くのオリジナルというわけではないことをご承知頂きたい。


初めまして。

突然のメールを失礼致します。

○○○と申します。

shadow様にお逢い出来ればと切に願っています、宜しければこの後の長文を御許し下さい。

現在パソコンを使える環境にはありませんので、サイトを携帯電話から拝見させて頂きました。

中でもコラムの【一杯のお茶】に心が震えました。

以前までSMと日常の共存は有り得ないと考えていましたが、それは間違いだと気付かされました。

何が切っ掛けかは解りません。

ただ忘れられないのは12歳の頃、緊縛された女性の写真が掲載されていた雑誌を偶然に見て、時を忘れる程に心を奪われた事。

当時は女の子同士でその様な本を回し読みしていたので、私は何の躊躇いも無くその雑誌を購入し、そして友人達に非難をされました。

自分が美しく感じるものが、他人からは汚らわしく見えることを知り、その時に初めて自分が人とは違う事に気が付きました。

とても何かに怖くなって。

その雑誌はすぐに捨ててしまいましたが、それから毎日、写真の中の女性を思い出し、そして都度、罪悪感に苛まれていました。

大人になるにつれてそれが何かを知っていき、私は自分の性癖を隠そうと必死になっていて。

色々な男性と知り合い、その度に別れも経験をし、限界に達した時に身体を商品にする事でその世界に飛び込んだのが今から約11年前の事です。

私は幸運だったのでしょう、扉を開けて早々に心から信頼できる彼に出会う事が出来ました。

それまでの苦悶が去り、それから彼と過ごした10年の間は、自分なりのSMというものを自然に考えていける日々でもありました。

扉は彼を受け入れた直後に閉じました。

そして私は今年で33歳になります。

初めてshadow様のサイトに辿り着いたのは、今から1~2年前でしょうか。

その彼の「SM」を文章で読んだ事は無いですし、shadow様には大変失礼な事を申し上げてしまいますが、一瞬、shadow様と彼が同一人物ではないかと錯覚してしまった程に考え方が似てらっしゃるように思えて。

それは同時に私が考えて考えたあげくのSMと当てはまり、誰にも言えない自分の心を理解して頂けた気がして、本当に嬉しかったです。

その後、じっくりとshadow様のコラムや雑記を拝見させて頂いているうちに、彼との相違点も沢山出てきました。

年齢や出身地、趣味にプレイ内容。

他人なのだから当たり前ですよね。

中でも真逆だったのが、shadow様のコラム「一杯のお茶」と、彼の「日常と主従の共存は有り得ない」という考えで。

彼にとっては非日常=SM≒私。

私と(だけでは無いと思います)濃厚な時間を過ごす事で日常のストレス発散をしていました。

彼は既婚者で、出会った当初から「俺の奴隷は28歳で定年退職だからね。」と、よく言っていて。

馬鹿な私はまだ何も理解をしてはいなかったので、彼が若い女の子にしか興味が無いから故の言葉だと思い込んでいて。

彼の言う【定年】を迎えても「今年で何歳になったんだっけ?」と言われると「27歳です。」と、毎年に私は嘘をつき、彼は微笑みながら黙認をしてくれていました。

今なら解ります。

彼は私の幸せを願ってくれたのでしょう。

結局は30歳を過ぎても関係を続けてはいましたが、私も徐々に彼のそんな愛情に気が付き、お互いに別れを惜しみつつ減っていった彼からの連絡は、必ず来る終わりを正面から受け止める為の心の準備期間だったと認識をしています。

そんな中で、私には結婚を前提としてお付き合いをした男性が居た事もありました。

でも結局、【彼】と【結婚】を割り切ることが出来ませんでした。

それが出来ていたら彼との関係もまた変わっていたのかもしれませんね。

shadow様。

きっと私はもう彼と会うことは無いでしょう。

でも、彼との出会いに後悔はありません。

私の小さな頃の夢は【お嫁さん】。

ずっと忘れていましたが、彼との関係を続けていくうち、愛情を感じていくにつれて、些細だけれども難しい夢が恋しく感じました。

流行りに乗って昔から言われていた【女としての幸せ】を否定していた時期もあったけれど、結局は愛し愛された人と家庭を築く、そんな本当の主従関係が存在する場所に居続ける事が出来たならば、どんなに幸せなのだろうと思うのです。

shadow様。

もしもこんな私で宜しければ、shadow様と同じ志を持っている方をご紹介頂けないでしょうか。

特に焦っているわけでもありません。

私も今の仕事や両親の事を考えると、結婚に踏み切るまでに2~3年はかかると思います。

でも、そんな男性が居なくとも、1度、私と会って頂くわけにはいかないでしょうか?

本当はshadow様に恋い焦がれています。

決して、居なくなった彼をshadow様に重ねているわけではありませんので御理解下さい。

申し上げました通り、私はSMに於ける処女でも無いですし、特に美人な訳でも痩せている訳でも無く、知識や教養も年齢にしては乏しいと自覚しています。

コンプレックスだらけです。

きっと容姿に関しては「顔形は関係無い」と仰って頂けるのだと思いますが、その他の全てに於いても75点には程遠い事でしょう。

それでもshadow様の貴重なお時間を頂戴出来るのであれば、大阪まで伺いたく存じます。

是非ご検討を頂けたら幸いです。

ここまでお読みになって頂けた事に、shadow様のHPに巡り逢えた事に、心から感謝を致します。

初めまして。

拝啓 、Shadow様

初めてメールをさせて頂きます。

メールなのに、かとてもドキドキしてしまい、思いを上手く伝えられるか不安ですが、お忙しい中どうかお読みいただければ幸いです。

私は東京在住の37歳の主婦です。

現在は主人と息子一人で暮らしております。

某企業の社長秘書として勤め、出産後は主婦の傍ら○○関連の仕事を自宅でしております。

今回何故、貴方様にメールをする気持ちになったのか...。

私は厳格な父と、優しく愛情深い母に長女として何不自由なく育てられました。

父は、父親と言うより、近付き難い存在で、真面目一徹の根っからの学者肌、私は余り甘えた記憶が有りません。

ただ、夏には毎年父の車で全国津々浦々旅行に行ったり、決して不幸な印象では有りません。

幼稚園から大学まで一貫のお嬢様学校で、知らぬ間に根拠のないプライドばかり高い女に育ってしまいましたが(汗)

そんな父の特別な性癖を、とあるきっかけで目の当たりにしてしまったのは、私が高校に進学した辺りの事でした。

父の書斎のドクターバッグ、何かきっかけは忘れましたが、その中に、SMの写真集やビデオが詰まりに詰まっていたのを見てしまいました。

自分の知らない世界を持つ父への衝撃と、その時自分に感じた異様な興奮は、今も鮮明に残っています。

その後、思春期、私にも異性の影がちらつき始めた頃、元々世間知らずの潔癖な母が、父の性癖に対して異常に嫌悪感を抱き続けている事を私に打ち明け、父とは随分早くに夫婦関係が皆無になった事も聞きました。

母はやっと、一人で抱えていた鬱憤を、他人以外の誰かに聞いて貰えた事を喜んでいました。

当時は私も、SMが、いわゆる「変態」の域であり、アンダーグラウンドな世界であるという位の印象しかなく、母が拒絶する気持ちも痛い程理解しました。

が、一方で、書斎で初めて目にした、縛られ凌辱され苦痛に歪んだ顔の女性達に、自分がもし同じ事をされたらどうか考え想像しては、異様なまでに興奮し、欲情する事を自覚せざるを得ませんでした。

異性とのお付き合いでは、普通のセックスで満足していましたし、今の主人とも、ノーマルなセックスしかして来ませんでしたが、それとは別の時限で、深層心理には常に、縛られたい、鞭を打たれ痛め付けられたい、という願望が有りました。

そして現在、性に対してはとても淡泊な主人と、妊娠以来、夫婦関係が無い状態ですが、決して仲が悪い訳でも無く、家庭は上手く回っているかと自覚しています。

ただ、子供もそれなりの年齢になり手が離れつつあり、ここ数年、私は女として、このまま、ずっと抱き続けて来た憧れのM女としては愚か、セックスまで無い人生で終わるのか、と、夜な夜な考える事が多くなり、そんな時にふと出逢ってしまった一回り以上も下の青年と、恋仲になり、身体を重ねる様になってしまいました。

それは私を再び女として目覚めさせ、年齢のせいも有るのでしょうか、身体を重ねれば重ねる程に、自分の性が成熟している事を実感せずには居られないこの頃です。

彼は、私がM体質な事に気付いてしまい、たまに腕を縛ったり、ソフトなSMをセックスに取り入れてはくれるのですが、そうしてくれる事が私にとっては歯痒く、声には出せない「もっともっと」を心で叫んでしまうのです。

ただ、彼自身は、私への思いやりに付き合ってくれているだけで、責める事には興味が無いので、私自身もそれだけに申し訳なくさえ思ってしまうのです。

と、そんな時にふと、携帯のサイトから行き着いたのが、貴方様のページでした...。

時間が許す限り、隅から隅まで読ませていただき、shadow様のSMに対する哲学、お考え方、あとは私なりの私よがりの一方的な解釈で申し訳ないのですが、お人柄に惹かれてしまい、私が死ぬまでに一度だけで良いから、調教をして下さる方がいらしたら、それはShadow様以外に考えられない...(本当に一方的に、すみません(汗))と、最近は夜も眠れぬ程の思いを抱いております。

人生は一度きり、自分の本能から沸き上がる、欲望を思い切りさらけ出して叫び狂いたい...私の中の欲望は、もう収まり切らない所まで来てしまいました。

なんだか、段々と思いをつらつらと書いてしまい、全く要領を得ていないですね...申し訳ありません(泣)

私は、自分で言うのは大変おこがましいのですが、普段の家庭生活、自分なりに身なりに常に気を遣い、家事、ことに食事に関しては毎日頑張っていると自負しています(汗)

そんな自分にそろそろ、ダイヤや旅行なんかではなく、一番に自らが欲しているご褒美を与えてやっても良いのではないか、と考えているのです。

長々と、自分の事ばかりを書いてしまい、心苦しいばかりですが、もし、もし...数多くの調教願望をされて来るであろう方々のメールの中で、Shadow様に見ていただけて、お返事だけでもいただけたとしたら、私は涙が出る程に嬉しいです。。。

私のお願いは、一日調教です。

本格的なSM経験は有りません(マックスで、手錠にさるぐつわ。M字開脚で恥部をバイブで責められいかされまくる、位の事です)。

もう、いわゆる「まね事」「ごっこ」では、済まされない欲望が、湧き上がってしまい、自分でもどうにもする事が出来ません...。

周りの男性からは、たまに痴話話でSかMか、と言う話題になると、「君は絶対女王様が似合うよ、Sだろ」などと言われがちな私ですが(苦笑)本当は全く反対です(汗)

今回、メールアドレスを公開するかどうか、何日も迷いました。

が、私の気持ちはもう決まっているので、敢えてお伝えさせて頂く事にしました。

Shadow様、サイトでも察するにお忙しい毎日を送られていらっしゃるかと思いますが、私は何時まででも待ち続けます...ですから、何かお返事をいただけたら、嬉しいを通り超して気絶してしまうかもしれません(笑)

初めての、しかも携帯からの下手なメールで本当に申し訳ありません。

貴重なお時間を、こんな物を読む為に割いて下さった事に感謝致します。

どうか暑い折、お体にはくれぐれお気をつけ下さい(私自身が夏風邪にかかり、咳込んでおります...説得力有りませんね...)

私の願望を、少しでも聞き入れて下さる事を祈って...

かしこ

Subject: shadow様へ、はじめてご連絡させて頂きます

shadow様

はじめまして。

突然のメールをお許し下さい。

私は東京都に住む○○と申します。

shadow様のブログを初めて訪れたのは、8月の初め頃だったと思います。

少々打ち明けるのはお恥ずかしいのですが、shadow様にいくつか打ち明けたい、お話したいことがありまして、メールするかしまいか、何日か悩んではいたのですが、本日、意を決して連絡させて頂くことにしました。

少し長くなってしまうかもしれませんが、お時間のあいた時などにお読み頂ければ幸いです。

私は幼少期より、アニメのキャラクターが悪者に心身の自由を奪われ操られていたり、(魔法で育った蔦などで)縛りあげられていたりなど、誰かが嬲られていたりするところを観ると、その姿に自分を重ね合わせてはえも言われぬ興奮に浸り自慰に耽るような早熟な子どもでした。

そんな自分の性癖が「性癖」という言葉の意味も知らぬうちから、何となく人に話してはいけないことなのだろうな、とは感じておりました。お母さんは気持ちいいことをしていると怒るし、幼稚園の皆はそもそもこんなこと知らないみたいだし……、と。

自分が、18歳になった今となってもまだ確証は無いのですが、いわゆるM性というものをもっているのではないか、と気付き始めたのは、中学に上がったばかりの頃です。

中学受験をして進学した新しい学校で出来た友達は、いじめというわけでは全くないのですが、よく私の背中をふざけて強めに叩いたりしては楽しそうにニコニコしているような子でした。

私はその子が楽しそうにしているのが嬉しくて、口ではやめてと言いながらもそれほどは嫌がらず、笑って戯れていました。

それを見た他の友達が、「○○ってドMなんじゃないの?」と冗談半分、真面目半分に心配し始めたのがキッカケです。

これまでSMという世界には(そもそもこれらはSMではないのですが)、ギャグ漫画やにしおかすみこさんのネタなどといったコメディの世界でしか触れたことがなく、言われた時は「まさかぁ」と笑っていましたが、マゾだ、マゾだ、とからかわれているうち(重ねて申し上げますが、いじめられてはおりません)、もしかして本当に私はマゾなのではないか、と思い始めたのです。

私は幼稚園生の頃から自慰を覚えていましたが(お恥ずかしいというか、そんな自分に嫌悪感すら抱きます……)、中学での一件があってからは、いつの間にかただ触るだけで済ませていた自慰の最中に、自分が知らない人に無理矢理行為を強制されるところ、目隠しをされて(実際に布団の端っこを目の上に乗せたりしていました)おもちゃのように扱われるところなどを時折妄想するようになりました。

小さな頃と違い、中学生になった時には1人でパソコンを使えていたので、主に二次創作サイトなどのいけないシーンや、普通の小説の皮を被った官能小説の言の葉を心の中で何度も反芻しながら、毎晩のように達していました。

そんな生活を送り、高校一年生になった時、私はとある一件で、自分が恋愛対象として見るのは男の人だけには限らないのだということを自覚しました。

平たく言えば私はバイセクシュアルだったのです(一般に気持ち悪いと思われることを承知で、悩んだ挙句、書くことにしました。

勝手なお願いではありますが、どうか、引かないで下さいましね)。

女性を恋愛対象とする女性は、主にイベントや、新宿某所に点在するバーなどのお店や、インターネットの掲示板で相手を探します。

高校一年生の夏、いつも利用している掲示板に何度目かの書き込みをした時、私はある方に出会いました。

普通のお姉さんだと思って連絡を取り合っていたところ、その方は実は自分はレズビアンのサディストで、私と主従関係を結びたい言ってきたのでした。

自分のM性を試すつもりでお受けしたものの、メールに卑猥な画像が添付されていたり、私の部屋は鍵のついていない襖の和室であるのに毎晩のように電話調教(調教というより、あれはただのいわゆるテレホンセックスだったのかもしれませんが)が行われることにどうしても罪悪感を感じてしまい、その旨を伝え、たった数日間の関係を解消させてしまいました。

その方が言うには、その方にとってのSMとはただのプレイではなく、愛の証なのだということでしたが、当時の私はどうしても常識などといったしがらみから抜け出すことができなかったのです。

その方との件があって以来、もう一度その方と連絡をとりたいとは思わないのですが、私の中のSMへの興味はより一層深まり、SMを題材にした作品ではありませんが、「自縄自縛の私」という、自縛をテーマにした映画を観に行ったり、その映画と原作小説の影響で発作的に、荷造り用の白いポリ紐で服の上から菱縄縛りをしてみたりして時は流れ、今日に至ります。

私には去年の冬からお付き合いをしている恋人がいるのですが、彼と挿入の無い少しエッチな触れ合いっこのような事をしたとき、彼は捲り上げた私の服で、両腕を手首のところでゆるく縛って私の身体を撫ぜました。私は隣の部屋に弟がいるのも忘れて、それまでにないくらい大きな声をあげてよがってしまいそうになりました。

その時私は思ったのです。

私は本当にマゾヒストなのではないだろうか、と。

だって、私は今こんなにも濡れているのだもの。

少し手を縛られただけなのに、今まで感じたこともない快感の波に打ち震えました。

もっといじめてほしい、視界を奪ってほしい、淫猥な言葉をかけてほしい、もっともっときつく縛って、首輪で繋いで、私の身も心も完全なる支配下においてほしいと思いました(その時のことを思い出してこの文章を書いている今でさえ、下腹部からゾクゾクとした感覚が這い上がってきます)。

しかしまだお付き合いをして数ヶ月しか経っていない中で、まして誰とも性的関係を持ったことのない(私も彼が初めてだったのですが)彼にそこまで頼むのはとうてい無理な話でした。

呆れられたらどうしよう、引かれたらどうしよう、嫌われたら、捨てられたら……、そう考えると恐ろしくて、とても私からは言い出せません。

shadow様、私は本当にM女なのでしょうか?

ここまでつらつらと書いてきましたが、今だに少しだけ、自分の中に燻る被虐嗜好に自信を持てずにいるのです。

shadow様のサイトのSM度診断チェックでは、私はM度90%とのことだったのですが……。

shadow様がお読み頂いた限りでは、私のことをどう思われましたか?

私はただ、妄想に胸を膨らますばかりの青臭い小娘なのでしょうか、それとも……。

また、shadow様のコラムや雑記を読んでいくにつれて、shadow様のお人柄やお考えを垣間見、私の中にはふつふつと、この方に調教して頂きたい、この方にお仕えすることができたら、かしずくことができたなら、どんなにか幸せなことだろう……、という思いが、溢れ、溢れ、今では抑えようもない程に湧き上がって参りました。

毎晩のように夢に見るのです。

あまり過激な夢ではないのですが、shadow様の奴隷として、貴方様のお側にいる夢を。

とってつけた作り話や比喩などではありません。

貴方様にだけは決して嘘など申しません。

どうか信じて下さいませ。

shadow様、私は今すぐにでも、貴方様の奴隷になりたい気持ちでいっぱいです。

しかし、私は現在、18歳ではありますが高校三年生です。

高校生と成人が関係を持ったとなれば、shadow様は犯罪者になってしまわれます。

私も、こんなに長いメールを書いてはおりますが、一応は大学受験を控えている身ですので、もし私の、一方的で厚かましい願いをお聞き下さるのであれば、私が無事に大学に入学出来たら、その時に私のことを調教しては下さらないでしょうか?

何卒、何卒、よろしくお願い申し上げます。

初めてのメールなのに、自分のことばかり、勝手なことばかりまくし立てて申し訳ありませんでした。

ここまでお読み頂けただけでも、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

まだまだ厳しい暑さは続きますが、どうかご自愛下さいませ。

shadowさま

はじめまして。

と、書き進めたいところですが、実は7、8年前にメールを書いたことがあります。

何からどう書いたら良いのか・・・

SMする前に、自分自身のことをしっかりさせなくてはと思い、しばらく仕事に向かってました。

性的な欲求だけだ強いのかな?ってSMから離れました。

その間、恋愛もしたし、SMもしたけど、しっくりくる人には出会えませんでした。

なんというか、相手の先が見えてしまうというか、能力を量りきってしまうというか…。

相手も気がついてしまうのかな?

相手からみて、私が気を配る行為(私には当たり前のことに思うのですが)は何かおかしい、魂胆があるのか?と破局理由になったり、別の人はボコボコに殴ってきたり…。

自分らしくいられない。

素直でいられない。

そんな時、shadowさまのHPを思い出しました。

本当は、もっと頻繁に思い出してました。

でも、本当の私にはコンプレックスが多すぎて、私みたいなのは…って、そこで思い悩むことを繰り返してました。

今すぐSMがしたいとか、調教してください。というのではないのですが、なんでshadowさまの言葉がしっくりくるのか分からないんです。

分からないけど、ふれていたいというか、自分に素直になれるというか、取り留めのないメールで申し訳ありません。

なぜか、とてもしっくりします。

このしっくりの先に、SMがあるような気がします。

初めて失礼致します。

shadow様初めまして。

突然メールを送らせて頂く失礼をどうぞお許し下さい。

カナと申します。

失礼ながら、今まで、このような形でどなた様にも自分の心の内を打ち明けた事が今まで一度も無く、今回shadow様のサイトを携帯ネットで見つけ、読ませて頂くに至り、なぜかとても暖かい懐かしい気持ちになり涙が止まらなくなってしまいました。

こんな私が恥ずかしいのですが勇気を持ってshadow様にメールをさせて頂きました。

お忙しい中、私事のこの様な拙い文章を読んで頂けたら心より有り難く本当に嬉しく存じます。

私は主婦なのですが幼い頃より酒乱で暴れる父親を見て育ち母も私自身も父親の暴力を受けて育ちました。

その為か自身でもよくわからない昔から感じていた男性に対する私の心の中に潜むえもいわれぬ嫌な気持ちのもやもやを知りたくて、何年もかけて心理学や精神課医の本を読み漁りましたが 未だに答えは見つかっておりません。

男女の夫婦の営みの中でも幼い頃嫌でも見続けて来させられた被虐的な場面が男女の営みがフラッシュバックするように脳裏に浮かびえも言われぬ嫌な気持ちのもやもやが心に生じ、現実的に受け入れが困難になってしまい、ここ7年近く全くのセックスレスでおります。

自分が何を望んでいるのかを探ろうとすると、知りたいのに嫌悪感のような感情に襲われて、その何かに惹かれるのにどうしても覗き込めずにおります。

女性として人間として素直に生きていきたい。

心の底からそう望んでおります。

答えは最後には自分で見つけるものなのはわかっておりますが、shadow様のサイトに書いて下さってあったコラムを読ませて頂く事により大切なヒントを頂き又自分が求めていた何かがぼんやりですが見つかったような救われた気がしまして、どうしてもお礼を申し上げたく、我慢できずに、恥ずかしながらこのような下手な文章でメールを差し上げてしまった次第です。

暑い日がまだまだ続きますがどうかご自愛下さいませ。

これからも雑記をたのしみに読ませて頂きます。

陰ながら応援しております。

このような下手な長文を最後まで読んで下さり本当にありがとうございました。

はじめまして。

京都府在住23歳のかおりと申します。

中学生の頃からSMに憧れていて、2年ほど前にこちらのサイトに出会い、「こんな方がいらっしゃるんだ…。私もshadow様の手によってSMの世界を体験してみたい。」と強く思いました。

しかし当時出身地である○○県で暮らしていた事と、女性の方達があまりに素敵で気後れしてしまった事、そして何より勇気がなかった事で、メールをすることも出来ませんでした。

それから今まであまりSMの事を考えないで過ごしてきたのですが、先月から○○で住み込みで働き始め、今日ふとshadow様のことが頭をよぎってサイトに来させていただいたら、2年前の気持ちが蘇ってきました。

調教というよりも、SM一日体験というか縛っていただく事に興味があります。

もしよろしければ、是非一度お会いさせていただきたいです。

私はまだ男性とお付き合いをした事がなく(手をつないだ事もありません)、このメールをするのももの凄く緊張しています。

まとまりのない文章ですみません。

読んでくださってありがとうございました。

かおり

shadow様、はじめまして

私の名前は…

とても名前を申し上げられるようなものではございませんが…なずなとでもさせていただいてよろしいでしょうか。

サイトの中でではありましたが、shadow様にめぐり逢うことができたのは、今から9年ほど前の夏の終わり頃でした。

幾度となくshadow様との繋がりを欲し、何度も何度もメールを送らせていただこうと思いましたが、私にとってはshadow様との繋がりを求めるなんてとても畏れ多く、これまで送信することが出来ませんでした。

私自身、本当にマゾであるのかも確証が持てず、仮にそうであったとしても私はshadow様が今まで出逢ってこられた女性たちのように魅力的な女性ではありません。

容姿の点で申しましても、どこにでもいる小柄な普通の女です。

内側から薫るような、色香も持ち合わせておりません。

そんな私ではございましたが、shadow様のお考えを目にする毎に勝手に胸を焦がしては勝手に妄想し、私の中でshadow様を自分の都合のよいようにご主人様扱いさせていただいておりました。

…申し訳ありません。

いつか本当にshadow様にお逢いできたら…と考えたこともございました。

コラムや体験談を夢中で読み、shadow様に責めていただくことを夢見ては、身体の奥のほうにある、何かが痺れるような感覚を何度も何度も憶えました。

shadow様のような方に愛でていただけたら、どんなに幸せなのでしょうか

でも、恐らく一度でもお目にかかってしまったら…自分がどうなってしまうのかが、私自身容易に推測出来てしまいました。

きっと、最初は心も身体もこれ以上ない程の幸せで満たされるに違いありません。

でも、みなさんがお感じになられるように、やがて嫉妬に苦しむことになる…

私はそうなった時に、可愛いM女ではなく、ただの面倒な女になってしまうのではないか。

嫉妬に狂う自分が恐ろしくて、何も見なかったことにして、自分がマゾかもしれない思いもしまい込んで…でもまた火がついたかのように読み返しては…を繰り返し繰り返し、しておりました。

見ず知らずの私からこんなメールを送りつけられてしまい、shadow様にご迷惑になると考えられないわけではないのです。

でも自分でもどうしたらよいのかわからず、気持ちがまとまらないままメールを送信してしまいました。

きっとどんなに考え書き直しても、恐らくきちんとしたメールを送ることは出来ないでしょう。

今、これが私の精一杯なのです。

失礼がありましたら、どうかご容赦くださいませ。

申し訳ありません…

突然のご無礼、本当に申し訳ございませんでした。

お返事は…大丈夫です。

静岡の片隅に、shadow様をお慕いしている女がいることだけ、お伝えしたかったのです。

季節の変わり目で寒さに向かう季節です。

どうか、風邪などお召しになられませぬように…

なずな

はじめまして。

半年前にこちらのサイトを見つけて以来、ずっとshadow様は私の憧れのS様です。

私は今大学4年生で、卒業論文や実習に毎日泣きそうになりながら取り組んでいます。

つい昨日までは、今の苦しい現実から逃げだしたくて、shadow様に泣きごとを聞いてもらおうと思って、携帯でメールを打っていたのですが、そんなんじゃ駄目だなと思って、こちらの匿名のメールにしました。

卒業論文はかなり危ない状況です。

本当に、半分卒業を諦めている状態でした。

「メール書いている暇があるなら、早く勉強しなさい!」って言われてしまうのは承知です。

でも、これだけは伝えておきたいと思ったので、メールさせていただきました。

無事卒業が決まったら、私についてのメールを送らせてください。

本当の私をお話しできるのは、貴方様だけなのです。

本当は、「大阪に会いに行きたいです!」と書きたいのですが、勇気がないので、まずは、メールでお話を聞いていただきたいのです。

shadow様に会いたくて、卒業が決まれば、会えるんだ!と勝手に自分に言い聞かせて頑張っています。

恥ずかしいですね。

絶対卒業します。

でも、shadow様の日記は読みたいので、息抜き程度にサイトは見に来たいです。

ほんと恥ずかしい女です。

大ファンなんです。

突然のメールすみませんでした。

いつか、お話しできる日を楽しみにしてます。

あなた様のファンより

shadow様

はじめまして、みきと言います。

好奇心と興味で見ていたらここにたどり着きました。

色んなサイトを見てるうちに目かくしされたり、縛られてみたいなぁ等と思う自分がいることに気付きました…。

恥ずかしい事は意外と好きかもしれないなと思います。

ただ自分でも実際にしてみたいのか、サイトを見たり想像してるのが好きなのかは良くわからないです。

1日体験ってあったので不安もありつつ勇気を出してとりあえずメールしました。

SM経験はもちろんありません。

あと、恥ずかしいのですが男性経験も無しです。

ちなみに年齢は10代後半。

それでも体験は可能ですか??

はじめまして、こんばんわ。

私は30代の自称M女です。

とはいえ、真のM女なのかどうなのかよくわからないところもありますが(^-^;偶然ここにたどり着いてshadow様の雑記のファンになり毎日お邪魔させていただいてます。

更新されてるととてもラッキーな気分になります(笑)

もちろん、SMについても詳しく書かれているのでとても勉強になりました。

というのも、自分がMなのかなと思い始めたのが去年の春頃でして。

無知ゆえに気づくのが遅すぎてこんな歳になってしまいました。

10歳若ければshadow様に調教のお願いができたのにととても残念に思います。

こんな中年女で申し訳ありませんが、これからもお邪魔させていただきます〓

ずっと続けていってくださいね。

楽しみにしてます(^-^)

島根の出雲蕎麦は食べられたことはありますか?

故郷のもの ということもありますが、大好きで、熱燗と一緒によく楽しんでます☆

美味しいものを食べると幸せな気持ちになりますね♪

長々と失礼しました。

まだまだ寒さは続きます。

お身体、ご自愛くださいね〓

はじめまして。

私は大阪市在住35歳の人妻で、るりと申します。

現在、夫とは別居中です。

物心ついた時からSM っぽいことに興味があったのですが、実は、弟にも同じ趣味があったことがわかり、驚きました。

弟はSでした。

まだお互い高校生だった頃、弟がSM本を読んでいるのをたまたま見つけ、私も見せてもらったことから、さらに興味が深まりました。

もちろん、弟とはそういう関係はありません(笑)

調教経験は少なく、まだ初心者レベルですが、一応、緊縛による吊り、洗濯バサミ、低温蝋燭、バラ鞭、一本鞭は経験済みです。

蝋燭は結構好きなプレイです。

鞭打たれた後の体の傷を鏡に映しては、うっとりする変態女です(笑)

鞭の方は、まだ快感と言うよりは痛みの方が勝ってしまうのですが、苦痛系、特に鞭で感じられる体になれるように、調教して頂けたらと思います。

お忙しいとは思いますが、できるだけ早くお会いできることを願っています。

連絡お待ちしています。

はじめまして。

この度不思議と導かれてこちらへ参りました。

展開されている項目を何時間も読ませて頂き、人間の持つ関係性のうちSM関係の必要性について深く考えさせられました。

一方的で申し訳ございませんが、私はただ一言お礼が言いたかったのです。

初心者のうちにshadow様のような一立場とお考えをお持ちの男性が、存在することを知れただけでも大変光栄な事です。

SM世界は私の先入観や、世間のイメージによるものからはほど遠く、いまだ計り知れない場所ではありますがどうやら安心できそうです。

少しでも足を踏み入れたことを今嬉しく思っております。

私はM性を持つ女性であるのでヒナさんと涼子さんというM女性の方々の日記も、大変興味深く読ませて頂きました。

また、文章にしてさらけ出せる行為を尊敬致しました。

間接的ではありますが御二方には感謝しております。

このようなサイトは秘密裏に永遠と語り継がれて頂きたいです。

維持の継続はご苦労もあることと思いますが、何卒お体ご自愛ください。

私はまたサイトを見に参ります。

shadow様はじめまして。 

実ははじめましてではないのですが、かれこれ10年以上も前になりますが、こちらのサイトをよく拝見させていただいていた未央と申します。

あれから、長い年月がたって、子育てに追われながら日々淡々と過ぎて行く生活で、すっかりshadow様の存在も忘れかけていたのですが、(申し訳ありません)去年の秋、突然母を亡くした時期に、shadow様の事をなぜだかフト思い出してしまいました。

まさかサイトはもう継続されてはないだろうと、ためしに検索してみたら、なんと!まだサイトがあるではありませんか。

shadow様がずっとサイト運営されてたことに驚いたと同時にすごく感動しました。

当時を思い出して、コラムや雑記をさかのぼってまた拝見させていただきました。

shadow様はやっぱり素晴らしいですね。

これからもずっと楽しみにしていますので、いつまでも変わらずに継続されてくださいね。

一言この気持ちをお伝えしたくて、『shadow様にメールする』のところからメールを送ろうとしたのです

が、なぜか私のiPhoneからは、携帯版、PC版ともに開けませんでしたので、こちらへ送らせていただきました。

もし、ご迷惑でなかったらちょっとご相談したい事があるのですが。

アドレスを送らせていただきますので、ご都合のよい時でかまいませんのでご連絡いただけないでしょうか? 

どうぞよろしくお願い致します。

まだまだ猛暑厳しい折り、お身体にはご自愛くださいませ。

こんにちは。

はじめまして。

サイトのコラムなど沢山読みました。

Yukiの事をshadow様なら分かってくれるような気がしたのでメールします。

yukiは自分のこと、変態だと思うのです。

子供の頃、郵便受けに入れられていたアダルトビデオの広告を誰にも見つからない様にそっと持ち帰って、夜になってから布団の中、薄明かりで必死に読んでいた記憶があります。

淫らにはしたなく激しく犯される女性たちを想像して、複数人に輪姦されながらも快感に狂う女性を自分に置き換えて、、自慰を覚えたのは小学校に上がる前。

以来、今までにネットでかなりの量のポルノを見たと思います。

あらゆるジャンル、洋物もアニメも成人漫画も、雑食しました。

でもその中でもとくに、無理矢理されて泣き叫ぶ女性、縛られていかされ続けて狂い叫ぶ女性、すべての穴を犯されて快感に溺れる女性、、を見るたびにものすごく濡れるのです。

そしてその後、イヤラシイ子だって言葉責めされてる自分を想像してするオナニーはものすごく感じるのです。

だから、yukiはMなんだと思うのですが、、、奴隷扱いされたいとか、誰かをご主人様と呼びたいとか、鞭打たれたいと思った事はないのです。

それでも、Mって言えるのでしょうか?

えーと、、何をどう尋ねれば良いのかも分からないのですが、、yukiは何を求めて目指して何処へ向かえば良いのでしょう?

文章がぐちゃぐちゃでごめんなさい。

、、、なにか、自分を持て余している感じなのです。

始めににも書いた通り、shadow様ならyukiの様なタイプの人間の事を分かってくれる様に思えたので、とにかくメール送ってみます。

yuki

PCは家族共用なので携帯から失礼します。

覚えていますか?

撫子です。

すべて目を通したと言いましたが、ようやくさっきPCで本当にすべて見ることができました。

ただ、皆さんが言う「かおる」様の記事や写真や絵が見つかりません。

見ることは出来ないのでしょうか?

ぜひ、教えてください。

…私、バーチャルな世界でこんなにも自分に影響があって変化するなんて微塵も思ってませんでした。

それも、SMという感性の一致のおかげなのでしょうね…。

ひどい言葉でいじめられたい…

恥ずかしい言葉をいうよう命令されたい…

動けないようにきつく拘束されたい…

お尻をいっぱい叩かれたい…

アナルの快感を教え込まれたい…

これらは、独りよがりなただの妄想じゃなく、もっとちゃんと現実的で確かなものなんだと、私自身が気付いていなかったことに衝撃を受けました。

そしてM女性の話に目を通す度、自分の臆病さを痛感しました。

皆さん、なんて美しくて勇気がある素晴らしい女性たちなのでしょうか…。

私は先程「気付いていないことに衝撃を受けた」と言いましたが、本当は「気付いているのに目を逸らしていた」のです。

それも、全て自分が傷つきなくないからです。

私は、本当は臆病で怖がりで自分に自身がなくて、そのために殻をつくっていることさえ今まで知りもしませんでした。

今までshadow様にフォームでコメントを送っていたのだって、ただただ返事をもらう勇気がなかっただけなんです…。

でも、今こうして自分の弱さに気付けたことが私の新しい大きな一歩だと思うのです。

そして、克服するって言ったら変だけど、そうした部分に歩みよっていってくれる部分がSMにはあると思うのです。

SMは単なるsexの延長線のハードなプレイではなくて、肉体的でも感情的でもない、精神的な強い繋がりだと思うのです。

痛みと痺れと快感のなかで、何もかも丸裸になって解放される…そうした時、私は本当に私になれる気がするんです…。

shadow様はどうお考えになりました?

間違いだと思いました?

SMの経験もない私が語るのは出過ぎた考えでしょうか?

ぜひ知りたい、教えてもらいたい…SMについても、それからshadow様という素敵なあなた様も…。

かなり長文になってしまいました。

携帯だと本当に大変ですね。

でも、今日は本当は、感謝の気持ちを伝えたかったんです。

shadow様がいてくれたこと…

こんなに私を魅了させるサイトがあること…

勇気あるM女性がいて、その調教を包み隠さず公表してくれたこと…

本当に感謝しています。

ありがとうございました。

最後に…こんな私でもこれからメール差し上げてもよろしいでしょうか?

SMの事だけじゃなく、日常的なことだったり自分のことだったり…いろんなこと。

せっかく手にした大切な大切なきっかけを無駄にしたくないのです…。

私の住んでいるところは雨です。

shadow様の住んでいるところは?

忙しい身でしょう…お体を壊さないようお過ごしください。

SHADOW様お元気でお過ごしでしょうか?

台湾に行かれて楽しく過ごされた様子、よかったですね〓

お伺いします。サイトにある1日体験と緊縛体験はどう違うのですか?

最近、縛られたい思いが強くて…。

夫がEDなのもあって欲求不満もあるのかな…。

辛いです。

貴方に縛られて言葉で責められたら見られただけでイっちゃうかな…なんて。

今日は土曜日ですね。

きっと素敵な女性が貴方に責められて居るんでしょうね、大阪の空の下で…。

貴方と女性の方が素敵な時間を過ごされますように…。

はじめまして、shadow様。

東京で学生をしている洋子といいます。

最近この世界に足を踏み入れたばかりですが、つい先日shadow様のサイトを知り、お休みの日にコラムを一気に読みました。

今考えればちょっと勿体なかったのですが、こちらのサイトが気になって気になって、ついついバーッと読んでしまいました。

今また読み返したり、雑記も楽しく拝見しております。

M女性の方からのメッセージを拝見しても、shadow様は素敵な大人の男性なんだろうな、と勝手に妄想しています。

こんな方に見下ろされ、命令されたら幸せだろうなと・・・。

shadow様、私はSMについて全然良く分かっていない人間だと思います。

ですが一度、メールで調教していただくわけにいかないでしょうか?

こんなことを言うのは恥ずかしいですが、私はいった事もありません。

shadow様のおっしゃる本当の快感というものが知りたいです。

身勝手ばかりすみません。

よろしければお返事お待ちしております。

サイトの更新、いつも楽しみにしています。

お忙しいところ有難うございました。

こんばんは、はじめまして!

昨晩shadow様のページを拝見させていただきました。

○○県の28才望美と言います。

わたしは自身がM女なのかわからずにおります。

SEXの最中に、身動きができないように縛ったり拘束されたりした上で、痛みを感じながら男性を感じたい。

このようなことを考えたりしていますが、本格的に体験したことはないのです。

されたい、してほしい、と思うだけで、本当はわたし自身男性に尽くしてもらいたいS女なのではと思ったり…

でも、shadow様の調教百態を読むと、頭がボーっとして、胸の奥からジワッと感じるものがあるのです。

特に臨死体験、ろうそく、緊縛、首締めのあたりです。

ひな様たちのように、上手に文も書けないし、M女としての才能はないのかもしれない。

でも、shadow様にメールをしてみたかった。

AUのガラパゴス携帯からです。

乱文ご容赦下さいませ。

急に寒くなってきましたね。

風邪などひかぬよう、ご自愛下さい。

失礼いたします。

初めまして、突然のメール失礼します!

アズと申します。

どんな経緯でこのサイトにたどり着いたのかはよく覚えてないんですが、コラム読んで感動・・・?うーん・・・感銘・・・?

うまく説明できないのですが、今こうしてメッセージを書くほどの衝撃を受けたというか。

こんな感性の方がこの世にいるのだなと・・・

エンジェルやクリスマスのコラム涙出ました。

それから他のも順番に見てます。

SM関連のコラムは人事なので読んでると怖くなります(深夜に読んでるせいもあるのかもですけど)

うーん、初めて見知らぬ方にファンレターのようなものを書いているのですが、何度読み返しても伝えたいことがうまく伝わってないような・・・

支離滅裂ですね、、、

お人柄に恋しました。

これからもコラム楽しみにしてます。

今日は雪が降りそうなくらい寒いですが、お体を大事にお過ごしください。

アズより

Shadow様、はじめまして。

突然のメールで恐縮ですが、悩んでいることがあって、でも誰に相談していいかわからずネットサーフィンをしていたところ、こちらのサイトに辿り着きました。

そして、Sadow様になら話せる…そう感じ、メールさせていただきました。

長文になりますが、聞いて頂けると嬉しいです。

私はMです。

今までその自覚はありつつも、普通のSEXしか経験はありませんでした。

積極的なほうではないし、相手に嫌われたくないなど、理性で自分を殺してきた気がします。

本当の私は…もう無理だと思うほど強引に責めて求めてほしい貪欲な人間なんです。

主従や調教という言葉にはなぜか興味がわかないので、SMに興味があると言えるのかはわかりませんが。。

で…

私はもう30半ばなんですが、この歳にして今回初めて一歩踏み出し、掲示板で知り合ったSの男性に会ってホテルに行きました。

お互いサブアドしか知らず、プライベートなことは詮索しない関係のまま、先日までメールを交わしてきました。

とても紳士なかたで、でも私の本能を刺激するいやらしいSの部分を沢山メールで教えてくれました。

恥ずかしがりで、つい「嫌」と言ってしまうことも話してありました。

理性をすぐに捨てられるより魅力を感じると言ってくれる紳士な顔の裏のSの部分に、ぞくぞくして…メールだけで感じました。

そして先日。

彼は私を縛りました。

四つん這いにされ、ローターや手や言葉でいじめられ、感じました。

頭を掴まれ無理矢理フェラチオさせられることも、興奮している自分がいました。

挿入もしました。

とても大きくて、正直最初はすごく痛かったんです。

痛みに慣れてきた頃、彼はイキました。

そのあと、彼はタバコを吸ってシャワーを浴びました。

その間、私はどうしていいかわかりませんでした。

あきらかに、彼が冷めてしまったのが感じとれたからです。

奥さんのいる人です。

SEXレスだと言っていたけど、夫婦仲は多分悪くないと感じました。

男性が射精すると、一気に冷めてしまうのは知っているけど、私は本当はもっともっと求めて責めてほしかった…

メールでは初めて会うからたっぷり時間をかけて責めたいとも言っていたんです。

Sの男性なら、こちらがねをあげるほどに続くのだと期待もしていたんです。

でも。

私もシャワーを浴び出てきても、彼は服を着込んでタバコを吸っていました。

無口な人だから私から話題をふるべきだったけど、こういったことを前提に会っている人に何を話せばいいのかわからず…

「いいんですよ、もし帰りたかったら」と、精一杯笑顔を作って言いました。

これは休憩で、また続きをしてくれると半分期待して…。

でも、彼は帰ることを選びました。

駅までの道ではお互い無言。

私のことが期待外れだったのか、奥さんに対しての罪悪感が生まれたのか…

聞けるはずはありませんでした。

SMは付き合った人としか経験なく、こういった掲示板などでの出会いは初めてだと言っていたので、こんなものかと虚しくなったのかもしれません。

「なんか…ごめんなさい」と私は彼に言いました。

「なにがですか?」と言われたけど、「私期待外れだったんでしょ?」とまでは、やっぱり言えないし言うべきじゃないとわかっていたから、また会話は途切れ。

そして別れました。

ホテルにいたのは、ほんの1時間ほどでした。

最中は彼も興奮していたのは伝わったのですがですが…

やはり私に魅力がなかったのか、内容が満足いかなかったのか、初めての経験で逆にこんなものかと冷めてしまったのか、責めてくれると期待して私が受け身すぎたのか、恥ずかしがりすぎたのか…

…わかりません。

ただ、満たされた気持ちはなく、縛られた身体が痛むこと。

そしてそれよりも、これはSMではなく単に行きずりのような関係で、やってみたらなにか違かったと彼に思われたんじゃないかと思うと、胸が痛むこと。

彼を満足させられなかった、気持ちをもりさげてしまった自分が、ちっぽけで情けなくて。

勇気をだして踏み込んでも結局、SMという場所に自分の居場所はないんじゃないかということ。

いろんな気持ちが渦巻いています。

普通のSEXなら、しかたないとは思うんです。

でもお互いの性癖のもと行為が目的で会ったこのような関係で、あまりにあっさり終わってしまった…

そしてあきらかに何か吐き出せないものを相手に感じたとき。

私にはどうしてなのか、聞けませんでした。

問い詰めるような関係でも立場でもないと思ったからです。

そして彼も、そんな空気を感じ取っていたと思います。

べつに一度きりの関係でもいいんです。

私のことが期待外れだったんだと、みじめでも受け入れるしかないと思ってます。

ただ、私がMということは変えられないし、もしこの先Sの男性を求めても私のこの欲求はずっと満たされないままなんじゃないかと思うと、不安です。

私の問題点など、意見を聞かせて下さい。

積極性も足りなかったかもしれません。

まとまりなく長くなってしまいすみません。

なんだか、すべて私に原因がある気がしてなりません。

それなら、私は一生満たされることはないのかもしれません。

お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

初めまして。

私は○○市内在住の30歳の専業主婦です。

身長157cm、体重50kg、スリーサイズはB83、W58、H82でBカップです。

結婚8年ですが子供はいません。

経験はありませんが凄くM願望があります。

私が自分は「マゾ」だとハッキリ自覚したのは、数年前にふとした事で、SM専門誌を数冊見た時でした。

女性が全裸で赤いロープで縛られて、恥ずかしい格好をさせられ全身に赤い蝋燭を垂らされている姿を見た時に体の芯から熱いものが込み上げて来るのを感じ、それ以来私もいつかこんな凄い経験がしたいと思うようになり、それからの私は淫らな妄想をしては、オナニーに耽っています。

こんな私をどうかSMの世界へお導き下さい。

宜しくお願い致します。 

私にとって全てが初めての経験ですので多少の怖さもありますが、お互いを理解し合い、良き信頼関係が構築出来るよう願っております。

年齢は先月で30歳になりました。

胸は期待に反してBカップです。

髪はロングヘアーで黒髪で1度も染めたことはありません。

顔は皆から1番言われるのは、若い頃の和久井映見にそっくり、とか市川海老蔵の奥さんになった小林真央に似ていると良く言われます。

私は中学時代から誰にも言えない「性癖」があります。

でも、自分がハッキリ「マゾ」だと思ったのは5年前の暮れに大掃除をしていた時、ある部屋の箪笥の上に「スナイパー」と言うSM専門誌を数冊見た時でした。

今まで感じた事のない衝撃を覚え体が熱く込み上げて来るものを感じ、それ以来、私もこんな経験がしたいと思うようになり雑誌を見たり、PCでSMの画像を見たりしながらオナニーに耽っている日々です。

シャドー様は独身だそうですが、シャドー様のこと良く知りたいと思っています。

そして、未経験の私を理解していただき、暫くメール調教して頂き、機が熟したら実際にリアル調教をお願い致したいと考えております。

ただ1度のプレイではなくシャドー様の良きパートナーとなれるよう努力致したいと思っております。

宜しくお願い致します。

明日は中学時代から誰にも言えない「性癖」についてお話致しますね。  ちか

shadow様

初めてメール致します。

○○○と申します。

今回、もし調教をお願いできるならshadow様にお願いしたいと思い、メール致しました。

恥ずかしながら、私は20代後半でまだ処女です。

これまで男性とお付き合いしたことはあるのですが、性的なことを求められるとどうしても頭が拒否してしまいできませんでした。

そういった雰囲気になると自分から距離を取り別れを切り出してしまいます。

SEXに異常に興味がある癖に自分に自身のない卑屈な雌豚です。

周囲にはすごく真面目で清純なのだと思われているのですが、実は真逆なのです。

幼い頃からオナニーに浸り、しかも拘束や監禁、公衆の面前で嬲られるといったシチュエーションに興奮し、妄想していました。

オナニーは毎日しています。

道具は持っていません。

深呼吸をしながら膣を締めたり緩めたりしながらおチンポを入れられている想像をして中イキの練習をしています。

今ハマっているのは獣姦で、犬のおちんぽで栓をされながら子宮を突かれまくる妄想をしてイッてしまいます。

処女を名乗る資格のない変態で申し訳ございません。

今も裸でshadow様を思って腰を振っています。

そんな浅ましい自分を知られたくなくて、処女のくせに変態な身体を見られたくなくて今まで男性に心を許せませんでした。

ですが、もう私の身体が限界で、毎日誰かに犯されたい衝動に駆られています。

それだけではありません。

最近はネットを調べて自分で縛ったり、パンツを履かずに買い物に行ったりしてしまいます。

でも、自分でやっても何か物足りないのです。

私は男性に強引に、自分の意志ではなく命令されて、無理矢理させられたいのです。

出来ないという私の頭を押さえつけて、プライドをズタズタにされて、厳しく言うことを聞かせてほしいのです。

そんな欲求を持っているくせに、私はネットで適当に相手を探すことも出来ず、ただそういった書き込みを見て欲情していました。

そんな時、こちらのサイトに出会いました。

Shadow様のサイトをみて、お人柄を感じ、shadow様に主になっていただきたいと思い、勇気を出してメール致しました。

出来れば、私をshadow様の奴隷にして頂けないでしょうか。

私の中の性癖を開放して頂きたいのです。

顔も知らない相手にこうやって個人的なメールをすること自体初めてですので、右も左も分かりません。

いろいろと、1から教えていただきたいです。

とても面倒な人間で申し訳ありません。

お忙しい身だと分かっていますので、不可能であればそう言っていただければと思います。

お返事お待ちしております。

はじめまして。

突然のメール失礼いたします。

ゆうと申します。

私は自分の性癖について悩んでいる時にshadow様のページを見つけました。

今まで他のページを見てそうしてきたように、M女性の体験談に共感し、自分自身を慰め…このページを去るつもりでした。

ところが、このページに溢れた優しさと不思議な居心地の良さに思わず足を止めました。

掲載された言葉ひとつひとつにshadowさまの人柄を感じたのです。

ここに記された記録には不安や恐怖以上にそれを包み込むあたたかさがあるように感じました。

shadowさまの文章はその繊細さで、SMの世界を一般的に思われがちな淫靡な悪いものとして捉えるのをやめなさい。

おまえはどうして悪いことだと思うんだ?

悪いことじゃないよ。

繊細で優しいものでもあるんだよということを風が通りすぎるようにすうっと私の中に語りかけて下さるようでした。

夢中になって読みました。

どうしてもっと早くこのサイトに気付かなかったのかな…と思いました。

私が一番印象的だったのは、自分が何も言わずともすっとお茶を出してくれる女性はいいというお話です。

私が偉そうに言えることではありませんが、おそらくそんな風景は日常の一コマであり、当たり前すぎてその細やかな気遣いにも愛があり、誰でも自然にできることではないことに気く男性は多くはないでしょう。

私はそれに気づいて下さるその心が嬉しいなと、自分が言われたわけでもないのに思いました。

また、それを実践することが難しいのは仕事の中でも日々感じているので、それが自然にできる関係性を持てたらどんなに素晴らしいことだろうと思いました。

1日体験、電話調教、メール調教、緊縛体験…shadowさまのサイトの中には魅惑的な言葉が並んでいます。

縛られてみたい、道具であそこをいじめて欲しい。

私の浅ましいそんな欲求があそこを濡らします。

これまでそんな言葉が存在すること、それが一歩踏み出せば実現できる場所にあることを私は知りませんでした。

見るのをやめようと思っていた世界がすぐそばにある。

その事実は私を落ち着かない気持ちにさせます。

でも、冷静になりなさい、浅ましい考えは捨てなさいという自分が大きな力で私を押さえ付けます。

私の心はその狭間に揺れるのです。

今回はそんな私の想いを聞いていただきたくてこうしてメールを書きました。

私はあのサイトにアクセスできて本当に良かったです。

私は出会いはすべて必然の出来事であると思っています。

だから以前から見ないようにしていたことが気になり出したのも、そのタイミングでshadow様のサイトに触れたのも私の人生にはきっと必然な事柄なのでしょう。

私の中にもう見ない振りができない課題が増えました。

内面と向き合うのはお芝居の勉強をしていた時以来。

恩師に、人間そんなに考えて行動しないものだよ。

考えるくらいならやってみろ…と言われたことが頭をよぎります。

内面と向き合うのは怖いことですね。

普段はそうでもないのに、考えこむととことん考えてしまいます。

shadow様、お忙しい中ここまで読んで下さりありがとうございました。

また、あのサイトを作って下さりありがとうございます。

初めまして、私は蒼空と申します

shadow様の記述を読み一度メールしたく思い送らせて頂きました

私は他のm女性みたく、感性豊かにメールを書けていないと思いますが…お許し下さい

私は○○でSMクラブに所属しております

初めはとにかくお金でした

私には身体的特徴があり、他では無理かと思いそちらを選びました

私の性の経験は、今まで主人だけでした

他の方とは有りません

SMクラブへと思ったのはまだ内心が有ったと思います

主人と結婚前に、軽く縛られ目隠しをされ全身にアイスを塗られ舌をはわされ凄い快感だったのを思い出し、期待も有ったのかもしれません

いざ、クラブに所属しましたが中々時間が空けれないことや事情が重なり実際にお相手して頂いたのは幼児プレーの方二人、後ハード系の方が一人、後はソフトの方が一人あとひとり、無理矢理レイプされました

幼児プレーは論外でした

勿論レイプも

ハードは泣けるだけで後は虚しさが当たり前ですよね、心が何も無いプレーですから

ソフトは一番自分が思い描いていたSMなのかもと思いました

ただ、今も正直に判らないのです

本当に自分がMなのか…

ただの…なのか

痛みを伴うのは無理だと自分で分かっています

でも、男性に言葉や五感、手、口、おもちゃ…そして一番自分を見守って居てくださる存在

ただの欲求なのでしょうか?

ただただ、自分が判らずにメールをさせて頂きました遊び半分のつもりは有りません

失礼しました

こんばんは、はじめまして。

ももと申します。

shadowさんのサイトには、18歳の頃からほぼ毎日訪問させていただいております。

私はsmに少し興味があり、shadowさんのサイトはもちろん他のsmのサイトも時折覗いて楽しんでいます。

今日メールをお送りしたのは、今まではひっそりとサイトを見るだけだった私の存在を、shadowさんに知って頂きたかったからです。

突然こんな訳の分からない女からメールを貰っても迷惑ですよね…ごめんなさい。

でも、一度でいいからメールしてみたかったのです。

色々なsmのサイトを見てきましたが、shadowさんのサイトが一番落ち着きます。

コラムも雑記も、自分が知らない世界がたくさん広がっていて読んでいるととても楽しいし、勉強になります。

私はsmに興味はあっても実際の調教に対しては願望がないのですが、もし自分が完全にMに目覚めたら絶対shadowさんに調教をお願いしたいです!

顔も年齢も何もかも想像ですが、shadowさんの人間性に惚れていますよ。

惚れているというか、憧れなのかな。

これからもまたコソコソ~っとサイトにお邪魔させて頂きます!

お仕事とても忙しいようですが、暑い夏、お体には充分気をつけてくださいね。

もちろんこれはファンレターのつもりで送っていますよ。

手書きで送りたいところですが、我慢ですね。

smも勿論ですが、食にもこだわりがあるというのは本当に尊敬します。

私は全くと言っていいほど食に関心がないものですから。

でも、雑記を読んで、刻みネギだけは絶対買ってないですよ!

やっぱりそういう細かいところは意外と男性は見ているものですよね。

お恥ずかしい話、どうやら私は惚れっぽく冷めやすい性格ですが、長期に渡ってこんなに気になる男性はshadowさんだけなんです。

それほど私の中でshadowさんは大変魅力的な存在なのです。

どういうところがと聞かれたら正直上手く答えられないのですが、その文章や言葉のひとつひとつから滲み出る人柄に、とっても惹かれるものがあるんです。

文章はその書き手の人間性がとてもよく表れると思います。

手書きなら尚更。

だから、私が今書いているこの文章から私の中身の薄さがshadowさんに見透かされていないかドキドキしています(笑)

更新、楽しみにしていますね!

私も四月から仕事を始めることになると思うので、職場で疲れた心を癒して貰いにサイトに訪問させていただきます!

あと、質問なのですが時々メールしてはダメでしょうか?

shadowさんもお忙しいのは理解していますし、自分はM女性ではないのでそんな資格がないことも承知しています。

でも私、shadowさんともっとお話したいのです。

わがままでごめんなさい。

お返事お待ちしております。

はじめまして。

突然のメールを失礼いたします。

私は○○に住む20歳の学生です。

りおと申します。

このたび、個人的な悩み事を相談させていただきたくて筆をとりました。

どうかお手すきのときにでも読んでいただければ幸いです。

唐突ですが、私は昔から、なんとなく自分のなかにMのような気持ちがあるのを感じていました。

おそらく小さいときからだと思うのですが、アニメなどで女の子が甚振られる、縛られるという場面になぜか惹かれたり、それをヒーローが助けにきてくれるよりもむしろ、だんだんと捕まった相手に陥落してしまう…といった展開に憧れたりもしました。

ヒロインを拉致監禁する悪役の方が好きだったんです。(笑)

大きくなってからSMの存在を知りましたが、あの憧れはそういうものだったのか…と納得がいったおぼえがあります。

昨年、大学に入って初めて彼氏ができました。

順調に(?)Hも経験してもうすぐ1年経つのですが、彼を通して色々と知るなかで、やっぱりSMのような世界に興味のある自分を実感してしまいます。

普段の付き合いのなかでも、私が何より欲しいと思うのは精神的な結びつきです。

彼氏に限らず誰かに支配されたい、強く独占されて責められたいという気持ちがなかなか落ち着いてくれません。

小説「O嬢の物語」や映画の「花と蛇」を見て一人でドキドキしています。(笑)

彼には不満はないですし、本当に大切にしてもらって幸せなのですが…

内緒の趣味として、引き続き小説などを楽しむのが良いのでしょうか。

どなたかに聞いていただきたくて、ついメールをしてしまいました。

まとまらずに長くなってしまい申し訳ありません。

どうかよろしくお願いいたします。

りお

shadow様、貴方にお逢いしたい。

その思いに突き動かされとうとう貴方へとメールを寄せています。

貴方のサイトを見つけたのは二年程前のことだったでしょうか。

コラムを読むなり背筋に熱いものを感じ、それから貴方という存在がずっと気になっていました。

折に触れ貴方の文章を読んでは得体の知れない感覚に襲われるようで、それは甘美でもあり、また少し恐いものでもあったように思います。

そうやって何気ない日々の中、貴方という存在が知らぬ間に私の中に根付いていて、気がつけばお逢いしたい気持ちでいっぱいになっていました。

私は現在○○で暮らしています。

27歳でまゆこと申します。

実家は○○の田舎の方で十代後半まで過ごしていました。

今も数ヶ月毎に帰ります。

shadow様のコラムや雑記の中で時折出てくる関西固有の地名、それにまつわるエピソードなどを読んでいますと、とても懐かしく風景や匂いなども思い出されるようであたたかな気持ちになります。

私がSMに興味を持ち出したのは貴方のサイトを見つけるより少し前のことだったでしょうか。

知人の女性がS女性で緊縛を習いに行っているということで、興味本位で同行したことが始まりです。そこでその緊縛師の方に縛っていただいたのですが‥。

なんというか脳天から雷が落ちたかのような感覚でした。

それ以降あの感覚は忘れ得ないもののSMの世界に足を踏み出すこともありませんでした。

とは言えshadow様のお言葉に時折触れては、何か求めている自分にも気付いていて。

何か最近そんな思いがはじけてしまったような気がします。

そうして自分の身を任せられる方はと思った時、shadow様しか考えられませんでした。

毎日たくさんメールが送られていらっしゃることと思います。

どうかこのメールが貴方の御目にとまりますように。

御多忙でいらっしゃると思います。

M女性だけでなく、shadow様ご自身へもどうか御自愛下さいね。

"繊細なるどんぶり勘定"(そういう方大好きです)

shadow様へ

まゆこ

こんばんは。

初めてメールします。

○○県に住んでいる大学生の「礼」といいます。

年齢は23歳です。

田舎の大学なので、最近は家と大学の往復ばかりの毎日で、家に一人でいると、ついアダルトなHPを見てしまうような内向きな生活が続いてしまって・・ShadowさんのHPにたどり着きました。

正直、まだ怖い気持ちや不安やら、、自分でもうまく表現できない心境なのですが、HPのみなさんの告白文を読んでいると自分もその世界に吸い込まれてしまいそうな気持ちになりました。

実際に調教を受けたりするようなことは、まだ考えていませんが、自分なりの勇気を振り絞って、震える手でメールを打ちました。

たくさんのメールにまぎれてしまいそうなメールかも知れませんが、お返事いただけたら嬉しいです。

初めまして 小春と申します。

こんにちは。 

当方、10代の学生です。

非常に主観的ですので、鬱陶しいとお思いでしたら流してくださって結構です。

今日親友といつものように話し込んでいたところ、「いじめられた経験のある子はMになりやすいって言うけど、皆がみんな誰にいじめられてもいい訳じゃないよね」という話になりました。

そして2人で数学的に理論を展開した後、「護られたい、という願望はマゾヒズムの1つで、いじめられた子がMになるというのは護られたいからで、護りたい、という心理も支配や独占につながるから、こちらはサディズムの1つと言える。…可愛くてかよわい子猫や子犬なんかをペットにして飼うのもひょっとしたらこういうことかも知れない」という結論が出ました。

ちなみに私自身いじめられた経験があり、それだけが原因とも言えませんが被支配願望もあります。

しかし家畜扱いというより、何と言ったらいいのか、ペットや高いお人形のように愛情を以て所有されたいという願望です。

寵愛というか愛玩というか…そんな感じです。

誰でも良いわけではなく、明らかに格上の人物にそうされたいです。

気まぐれで殺されたとしても殉死したとしても本望です。

現実で経験できるとも思えませんが、悪い虫がつかないように、とか傷つかないように、という理由から監禁される、というシチュエーションも大好きです。

いじめに遭いはじめた当初からいじめっ子に復讐したいとか、もう死にたいとかいう思いのほかに、もしもそうなったら、もう嫌な奴らにいじめられなくて済むのになぁ、と思っていました。

(当時10歳…ある意味将来有望です(笑))

最初の論理も私のこういった性格から生じたものなのですが、Shadow様はどう思われますか?

夜分遅くにすみません。

東京に住む20歳です。

名前は○○と申します。

SMに興味がありインターネットで調べていたところshadow様のサイトを見つけました。

サイト内の一日SM調教のページを見つけて思わず貪るように読んでしまいました。

今も体験調教をしていらっしゃるのでしょうか?

もししているのであらば私も調教されたいです。

文才があればもう少しshadow様への熱意や気持ちを言葉に出来るのですが…

私は残念ながら長年の筆無精がたたり、うまく言葉に表せないことが悔しいです。

師走でお忙しいかもしれませんが、どうかお返事をよろしくお願いします。

追記

中学から女子校に通っていたので、男性経験はありません…

shadow様

こんにちは。

私は関東に住んでおります、ユミと申します。

こちらのHPは以前拝見していたのですが、最近になって再度立ち寄ってみました。

女性達の日記などを読み返して、中にはやはり過激におもう内容もありましたが、shadow様の女性達へのお返事の言葉が垣間見れる所では、涙が出てくることもありました。

それでも、10年程前の内容のようですが、女性への接し方なども含めて、shadow様はその後お変わりありませんか?

お忙しいとは思いますが、もしよろしければ、ときどきメールでお話ししていただけませんか?

私の持っている願望がMと関係ないときは、切っていただいて構いません。

良いお返事をお待ちしております。

ユミ

shadow様

はじめまして。

突然のメールを失礼致します。

私は○○在住の○○○と申します。

現在22歳、大学で医学を学んでおります。

shadow様のサイトを初めて訪問させて頂いてから2ケ月程が経ちますが

(正確には数年前もほんの少し拝読させて頂いたことがあるのですが)

文面から窺えるshadow様のお人柄、SM観、その他上手く言い表せませんが身に纏われているであろう雰囲気などにこの上ない程に惹かれてしまい、朝も昼も夜も、何をしているときでもshadow様の存在が思い出されてなりません。

SMをテーマに掲げたサイトは星の数ほどあるでしょう。

その中でこんなにも苦しい程に惹かれるのは、文章の奥に確かに存在するshadow様に惹かれているからに他なりません。

shadow様の仰るように「感性」に惹かれているのかもしれません。

以下、大変に長文となってしまいましたし、見ず知らずの、しかもメールすら初めての相手からこのような告白を受けてもご迷惑をおかけするだけではないか、とは理解しているつもりです。

ただ、今まで誰にも曝け出すことのできなかった疑問をshadow様、貴方にはどうしても聞いて頂きたかった、そして導いて頂きたかったのです。

お時間の空いたときにでもお読み頂ければ幸いです。

shadow様にこんなにも惹かれてしまうのは、私の胸の内に燻るマゾヒズムの所為なのでしょうか。

自らの性癖をはっきりと自覚したように思うのは5年程前ですが、実際は幼少の頃からその片鱗はあったように思います。

思春期を迎えるずっと前から、何か自分の力ではどうすることも出来ない様な強大なものに囚われること、自分の意思とは関係なく甚振られること、やがてそこに快楽を見出してしまうこと。

幼いながらも確かな憧れのようなものを抱いては,寝床で反芻していたことを記憶しています。

(自慰を覚えた時もそんな妄想ばかりしていました)

セックスを覚えたのは大学に入学してからですが、淡く実体のない憧れを「性癖」として自覚するようになったのもその頃です。

ごく普通の、所謂「恋人同士の営み」とでも言いましょうか、優しく甘いだけの行為には「何か違う」という感覚を拭えずにいました。

反対に、半ば無理やりに奪われるような形での行為、それも何がしかの拘束が伴うと比べ物にならない位の興奮を覚えました。

でも、どのような行為に及んでもどこか醒めた自分が居るのです。

きっとノーマルなセックスには自分は適していないのだ、と思った頃にSMの扉を開いたように思います。

その扉を開いたからと言って満たされるようになったかというと、そうではありません。

今思うと愚かなことをした、と自責の念に駆られるのですがとある掲示板で適当にお相手を探し、「主従」の形の中に身を置くことで欲望を満たそうとしていました。

一人の人間として尊敬できる相手であったか、ひいてはその相手に「支配される悦び」を感じることが出来るだろうか。

そういったことを深く追求せずに、半ば行きずりのような形で関係を求めてしまったように思います。

そこでいくら首輪を嵌めて主を慕うポーズを取ろうとも自分自身を欺くことはできませんでした。

ごく浅い関係のまま終えた為 多くのことは体験しませんでしたが、プレイとしてのSMというものは存在したのかもしれません。

確かにある種の興奮は得られましたし、それを快楽と呼んでも間違いはないのでしょう。

一瞬の快楽を享受する肉体とは裏腹に、酷く醒めた頭の中では

「所詮はお遊びなのだ」

「SとM、主と従の枠の中に自分を当て嵌めて安心しようとしているだけだ」

「ここでもまた自分を偽って何かを演じているのだろう」

「他者の手に自分を委ねて救われようとするなんて馬鹿馬鹿しい」

そのように自分自身を嘲笑う声がリフレインしているようで、それに耐えられなくなって関係を解消したとも言えるかもしれません。

その頃から少し時間のたった今、私が 扉の向こう側 に到達できなかったのは、心を預けることが出来なかったからなのではないか。

私の乾きは、単なる被虐では満たされなかったこの渇きは、全幅の信頼を寄せられる方に全てを委ねる形で初めて癒されるのではないか。そう思い至りました。

けれども、ここで一つの疑念が浮上してくるのです。

自分はMだ、そう思い込んでいるけれども本当はMなのではなく、Mの皮を被ることで自分自身を欺いているのではないか?

だからこの先も満たされることなど叶わないのではないか?

でも、もしそうだとして、この疼きは何だろうか。

自分よりも遙かに強く揺るぎない存在に支配されたいという渇望、日常において「私」を覆い隠している鎧を剥ぎ取って何も隠さない状態の私を委ねたいという渇望、これらは全て虚像なのだろうか。

考え続けても一向に答えの出ない疑問に疲弊したころ、shadow様のサイトに再び出会いました。

煮詰まった疑問の答えはやはり出ませんでした。

しかし、思念 よりも更に感覚的な、ひいては本能に近い部分でshadow様の手で調教を施され、shadow様にお仕えし、shadow様のもとに何も飾ることのない私自身を差し出している、そんなイメージが私の脳裏にくっきりと描かれたのを感じました。

そしてそのイメージは日に日に色濃く、日に日に膨れ上がってゆきます。

(未だ見ぬshadow様をこっそりと「ご主人様」とお呼びすることすらしてしまっています、申し訳ございません)

その時以来、戸惑いを隠せずにいる私自身と、やはり私はMなのではないか、と再認識したような気分でいる私とがせめぎ合いを続けています。

shadow様。

私はやはりマゾヒストなのでしょうか。

或いは、SMの世界への憧れを捨てきれない偽物なのでしょうか。

もし私がMであるならば、shadow様、私は貴方にお仕えさせては頂けないでしょうか。

見ず知らずの人間からこのようなお願いをするのは大変に無礼だと存じ上げておりますが、shadow様にお願い申し上げたくて堪らなかったのです。

何卒お許しください。

長々と取り留めもなく、自分のことばかり一方的に捲し立ててしまい申し訳ありませんでした。

ここまでお読み下さり、本当にありがとうございます。

季節の移ろう頃で不安定な空模様も続きますが、どうかご自愛くださいませ。

shadow様へ

初めまして、こんばんは。

私は大阪在住の千香と申します。

サイトを拝見させていただき、お友達感覚で電話やお会いしてお話をしてみたいと思い、メールを送らせていただきました。

私の簡単なプロフィールを記載しますので、ご確認下さい。

HN:千香

年齢:20代後半独身

住まい:大阪府某市

血液型:A型

性格:天真爛漫。だけどナイーブ。

ルックス:おそらくは普通。髪はカラーをして、ダークブラウン。セミロングのストレート。

趣味:おいしいものを食べる、作る。エアロビ。

特技:エレクトーン演奏

好きな食べ物:たくさんあるので、一生懸命作ってくれたお料理。

嫌いな食べ物:納豆、お漬物など。

好きなタイプ:男らしく色気のある人。

嫌いなタイプ:思いやりのない人。

SM暦:ほぼなし。

お忙しい時期かと思いますが、よろしければ返信をお願いします。

こんにちは、はじめましてshadow様。

いつもどきどきしながら読ませていただいております。

shadow様のサイトを知り、数ヶ月がたちました。

本当なら読んだ最初の日にご連絡したかったのですが、言いようのない不安に襲われ、できませんでした。

今日改めてなけなしの勇気を振り絞ってメールをしてみたいと思います。

shadow様のサイトを訪れると、私のおまんこは訪れた直後から大洪水です。

クリトリスがひくひくして、すぐにでもバイブをおまんこに入れたくてしかたないんです。

私の脳内ではshadow様が私の耳元で囁いています。

もちろん今の状況がいやなわけではありません。

しかし私は、人肌の温もりを感じ、吐息を感じ、私の予想のつかない、自分一人では踏み込めない世界に行きたいのです。

御主人様に愛でられ、恥辱と達成感に満ちあふれた快楽に憧れてしまいます。

はしたない女とお笑いください。

こんな私に何かお言葉を頂戴できれば身に余る幸せです。

はじめまして。

突然のメール申し訳ありません。

○○県に住む34才既婚者のはるなです。

shadow様の調教日記など毎日のように目を通しどうしてもメールを書きたくて送りました。

SMは全くの初心者です。

学生時代からコミックなどを見て興味はありました。

しかし非現実的な事として過ごしてきましたが、半年前位にSMのサイトを見つけshadow様のHPに出会いました。

調教日記など見ているうちに、どうしても虐められたり調教されたいと毎日のように思い我慢出来なくなりました。

年齢も若くなくSMの経験もないですがこんな私ですが調教体験は無理でしょうか?

お忙しいとは思いますがお時間があいた時にでもお返事をいただけたら幸せです。

メールのアドレスが解らなかったのでわたしのアドレスを書いておきます。

よろしくお願い致します。 はるなより

はじめまして。

☆桜☆といいます。

実はもう何年も前からHPを拝見しています。

物心ついた時から何となくSMに興味があったような気がします。

初めてSM雑誌のような物を読んだ時からは、SMの世界が憧れになりました。

私の住んでいるのは○○です。

今日は仕事が休みなので、朝から雨の音を聞きながら、のんびり過ごしていたのですが…

…何故だか何年もためらっていた、我慢してきた、メールを送りたい気持ちが急にあふれてきてしまいました。

勢いに任せてメールを打っていますが……実はドキドキです。

雨の音、雨の匂い、遠くで鳴る雷、窓をつたう雨粒……梅雨はあんまり好きではないけれど、梅雨の予定のない土曜日だから、こんな気持ちになれたのかな?なんて思います。

お目にかかりたい。

調教されたい。

野外露出してみたい。

撮影してもらいたい。

素直にそんな気持ちがあふれてきます。

初めてまして。

理恵子といいます。

数え切れないメールの中から私のメールを開いて頂き、ありがとうございます。

パソコンがなく、携帯からなので見にくいかもしれませんがお許しください。

ある時から私は何度も貴方様のサイトに足を運ばせて頂いてます。

最初はSMの世界に爪先ほど付けてみるつもりが、今や胸のあたりまでどっぷりと浸かってしまいました。

こうして口まで到達してしまい、既に溺れてしまっています。

私はSMに興味は全くありませんでした。

それなら何故、shadow様のサイトにたどり着いたのか。

私は趣味で小説を書いているのですが、新たな小説の題材を考えている時にふとSMを思いついたのです。

主人公はすらりと背が高く、憎いほど細長い手足に引き締まったウエストと抜群のプロポーション。

瞳は切れ長で鼻先が尖るほど高く、人を寄せ付けない冷たい美貌の持ち主。

艶のある黒髪は腰まで伸び、隙のないメイクだけあり、見た目通りプライドが高い。

どちらかというと自分はサド気質があると思い込んでいる。

主人公の彼はサドでありプロの調教師に彼女を完全なるマゾにしてくれ、と調教を依頼する。

ありきたりかもしれませんが、調教により本質であるマゾの自分を呼び起こされるにつれ、調教師を愛してしまうというストーリーです。

このストーリーが思い付いてからというものの、携帯で関連サイトを片っ端から探し回りました。

莫大な数のサイトの中でたった一つ、貴方様のサイトをブックマークに追加したのです。

最初は小説のためと百態のみを拝見させて頂いていたのですが、いつの間にかコラムや雑記、女性の方の日記に目を通すようになり、もう、SMの知識そっちのけ状態です(笑)。

M女性の方は、ひどく繊細で感受性が豊かですね。

皆様の日記を拝見しているといつも目尻に涙が溜まってしまいます。

彼女達が愛しくてたまらなく、抱き締めたくなるからです。

日記という言葉より、作品でした。

どんな著名な作家にも勝るものでただただ感銘を受けてます。

皆様はshadow様によって本来の自分に目覚め、目を背けたくなるほどの自分と向き合いながら女性として、マゾとして成長されているのですね。

貴方様は無理矢理その皮を削ぎとらせるのではなく、小さな花弁をとるように一枚一枚丁寧にご自身でその皮を剥かせてあげる。

その裏には日の当たる場所には決して出さない“shadow”様の日々のご苦労があるのですね。

SMのイメージといえば、Sただ痛みを与え、罵り、傷つけるだけと思っていました。

貴方様のサイトを通し、その先入観を覆されました。

痛みだけを与えるだけではないということ。

Sが与えるだけではなく、実はいつもM女性から与えられていること。

とてもとても奥が深いのですね。

貴方様を心から尊敬し、命さえ捧げる想いで尽くす女性の皆様は健気でいじらしくてたまりません。

そんな女性から愛されるshadow様は幸せであり、とても罪深いと感じました。

私はSMにはそこまで興味もありませんし、旦那さまを愛していますので調教のお願いはしませんが、一言お礼を言いたくメールを送らせてもらいました。

良い小説が書けそうです。

…なんて。

今頃shadow様は鼻先で静かに笑っているかもしれませんね。

実際に携帯から貴方様にメールを送る事態、これはただの綺麗事かもしれません。

私の主人はうつ病なのですが、発症したのが20歳。

結婚したのが21歳。

それからまだ6年ですが、高校を卒業してから一度もセックスをしていません。

精神的な病を持つ人は精力が減退するそうです。

本当はそこにいる貴方様の大きな手のひらで、「辛かったね」、「よくがんばった」と頭を優しく撫でられたいだけかもしれません。

いえ、全てのことを忘れるまでその手で尻や頬を血の色が透けるほど打たれたい。

その唇で紡ぐ言葉で精神を崩壊されたい。

そんなことを頭の隅で思っている私は主人に隠れてメールを送る心中は罪悪感が取りきれていないのが事実です。

臆病で自分の殼さえ破ることができずにいます。

しかしながら、貴方様の言葉を読めるだけで私は幸せかもしれませんね。

これからも、陰ながら見守っていくことにします。

もしもshadow様に手を差し出す時があれば、その時は優しく手を差しのべて頂けますか?

その時は宜しくお願いします(笑)

その頃には私はすっかり身体のラインも変わり、頬には無数の皺が刻まれているかもしれません。

shadow様は黒髪がびっしりと白く染まり、更に魅力的な男性になっているでしょうね。

いつの日かお会いできることを、秘かに楽しみにしています。

全ての女性に幸福が訪れますように。

見えない無数の電子の上に貴方様へ祈りと共にメールを送ります。

夏の夜、湿った生暖かい風を感じながら。

追記。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

まだまだ未熟者ですので、失礼なことを言ってしまったのではないか不安です。

もし良ければ、最後に2つ質問させてもらっていいでしょうか?

小説の参考にさせて下さい。

ひとつめ。

調教師が愛奴に踏み込んではいけない感情を持ってしまったとすれば、shadow様ならどうなさいますか?逆でも構いません。

もうひとつ。

調教師として、最も歓びを感じる瞬間はどんな時ですか?

答えはいつでも構いません。

もし時間がなければ、スルーして下さいね。

熱い日が続きますがお体にお気をつけて。

(また、貴方様のサイトに記入されたもの、貴方様の言葉全て転載や盗用は致しませんのでご安心下さい。)

理恵子より。

はじめまして。

以前はよく目を通していたのですが、ここ数年いろいろと忙しくサイトから足が遠のいていました。

やっと最近落ち着きまして、頻繁に記事を読ませていただいております。

そんな私の日課が、仕事のお昼休みにshadow様の雑記を読むことです。

SMのコラム等もとろけるように魅力的なのですが、雑記は雑記でshadow様の「おれはおれでこういう人間だ」というのが伝わってくるようです。

比較するのは失礼かもしれないですが、あのバカボンパパの「これでいいいのだ!」の言葉に近く、自信あるれる文章が、私の日々のパワーの源になっております。

また、写真も以前よりたくさん見ることができ、ファンとしては嬉しいかぎりです。

これからも更新楽しみにしております。

こんばんは。

送ってはいけないのに行く場所がなく、彷徨ってここに書いてしまいました。

すみません。

私は○○歳になり衰えていく体、皮膚をみて情けなく悲しくなります。

何しても達成した事も無くダイエットも失敗。

自己責任感も薄く本当に馬鹿な人間です。

○年間一生懸命築いてきた信頼関係も失い、何故か昔から良く見ていたSMのサイトにまた戻ってきました。

目には見えなくても何かで繋がっていて、ダメな時もイイ時も側で抱きしめてくれているようなそんな温かさがある。

そんな錯覚を私はこの世界に見ているような気がします。

本当は違うのかも知れません。

ただ逃げたいだけなのかも。

何もかも壊れて死んでしまえばもっと美しい自分に生まれ変わって。

心から笑ってみたいなって。

本当に失礼しました。

これからのご活躍とご健康をこのメールに込めて送ります。

このような文章を送ってしまい、哀れな人間だと笑って消してください。

すみません。

おはようございます

突然メールしてすみません

気になることがあリ、色々と調べててたどリ着きました。

サブアドレスで送信させて頂きました。(´_`)

何か失礼だったらごめんなさい。

でも、きちんと送れるんか不安ですね←

私事ですが、ちょっとだけ相談事があるので聞いてください。

私は、平凡な家庭に産まれ育った純粋な田舎娘(24)です。

小さい頃はとても明るくお茶目で、姉の後ろにひっついて活発だったそうです∩^ω^∩

でも、大きくなるにつれて悪さをしたリわがままな子に育ってしまったみたいです(汗

父とはあまリ言葉を交わしませんが、優しくおおらかに見えると思います。

母は、ちょっとお喋リな人で厳しい面もあれば優しく強い人です。

姉は少しナヨナヨしていて頼リない感じですね。

妹は大好きです!

お姉ちゃんはあーだの、こーだの言いますが、キョウダイの中で一番近しい存在です。

弟はのんびリした人で、とにかく優しいです。

勉強はあまリ得意でなく、運動も好きではあリません。

特技と言われると、特になく...好きなことは、友達と遊んだリ犬と出かけたリすることと、寝たリ食べたリです( ´∀`)

でも、目標があればそれに向かってコッソリ頑張るのが好きです(笑

頑張らずに出来るってのが1番好きですw

SMの経験は、無いに等しいくらいですが...性行為の経験は結構あリます(爆

今、私には付き合って3?4年と少しになる彼氏がいます。

彼氏と犬(小型犬)♂と私の2人+1匹で住んでます。

時には喧嘩もしますが凄く優しく、一日一日を一生懸命に生きてる方で、わがままを言ったリしても大概のことは聞いてくれます。

その優しさに依存して自分とゆうものを失ってるのかな?と最近思っていました。

足を引っ張ってるのかな?とも感じます。

自分なリに悩んだリしましたが、考えれば考えるほど深みにハマってしまい昼夜の逆転生活になってしまいました。(´ω`)

でも、楽天的な性格をしてるので深みにハマってると思いきや、なるようになるさって思う時もあリます。

自分でもよくわからない性格です(照

ここ数日前から、1人の男性と連絡をとっています。

連絡をとるきっかけになったのは、ちょっとエッチなSM?のサイトです('∀`)

自分からメールをしましてでございます。

でも、今になって不安なのか心配とゆうか、言い表せない気持ちでいっぱいです。

相手の方は既婚者で、私の他に1人連絡をとっている方が居ると最初に教えてもらいました。

その連絡とってる女性とは、距離が遠いので連絡だけで...

いつか会えたらな、、、と思っているくらいと言われていました。

好きとか嫌いとかの感情ではないですが、気になって昨晩掲示板?みたいな所を見てしまい些細な絡みをされているのを見て辛いとゆうか悲しいとゆうか、何か変な感覚でした。

大人なんやから、そがん事を気にしちゃいけんってわかってるけど、吐き出すところがなくて胸が詰まって苦しかったです。

私は、自分はいいけど人は駄目って時に言うてしまうワガママな性格もあリますが、これが当たリ前なんかね?って思わんといけんのんかなって思います。

でも当たリ前って思うのは頑張っても無理そうなので、我慢?とも思ったけど、しんどくなると何処かに当たってしまうかもしれないので...

縁がなかったのだと思い連絡をとるのを辞めたいと言うべきなのか、自分の気持ちを伝えるべきなのか、何も言わないまま消える方がいいのかわかリません。(´;ω;`)

ただ、ほんの数日連絡をとっていてだけですが、今まで彼氏に言えなかったことや自分の自身のこと...他にも色々なことなど他愛もないメールかもしれんけど、私にとっては明るい光がこぼれてるドアが少し開いたような感覚でした。

何か変な表現になってしまってごめんなさい。

ちょっとスッキリしてしまいました。

\(^O^)/やふー

意外に時間かかリ過ぎて携帯の充電が1コ減っちまったです(笑

相談とゆうか、結局何が言いたかったのか自分自身わからなくなってます(*´ω`*)

勝手な先入観ですが...お忙しい方だと思うので返信して頂かなくても大丈夫です。

でも最後まで読んでもらってあリがとうございます。

今日は朝から雨が降って冷えるけん、くれぐれもお身体をご自愛下さいますよう...なんちゃらかんちゃら(爆

かしこまった言葉を使う機会がなくて、上手く日本に出来んですね∩^ω^∩

すみませんでした。

長文失礼しました!

純粋な田舎娘(23)よリ

こんばんは。

深夜に申し訳ありません。

鈴子と申します。

コラムを読ませていただきました。そして、shadow様なら、私の悩みをはっきりとさせていただけるのではないかと思い、相談のメールを遅らせていただきました。

私は今年21歳になります。

恋愛経験は全くなく、処女で、キスすらしたことがありません。

ですが、SMに興味があります。

そんな私が、SMのパートナー募集の掲示板などでパートナーを募集していいのでしょうか?

お返事よろしくお願いします。

はじめまして。

美保と申します。

30歳で既婚です。

一応会社に勤めてます。

関東に住んでます。

初めてサイト見させて頂きました。

経験はないですが。。

最近、会社で書類の整理しているときにしゃがんでたら気付かないうちに足が開いてしまい、スカートの中見られてしまい。。。

その時のなんとも言えない感じが忘れられないです。

それから色々ネットを見たりしてしまいます。

私はどうしたらいいのか悩んでます。

私の義父や義母が教師ですごく厳しくて自由もあまりなくて。

愚痴ですみません。

sm110.com主宰者様

初めてメールを差し上げます。

最初に申し上げておきますと、このメールはサイトを拝見した感想であり、あなた様、そして美しきM女性方へのファンレターです。

昨日、“調教されたい”と検索して、あなた様のサイトにたどり着きました。

そう検索したのは、性生活が満たされていないからではありません。

原動力は、もっと広く、生活や人生そのものに対する不満足から来ていることと思います。

…自分でもよく分かっておりません。

とても充実したサイトで、ごく一部を拝見したにすぎないのですが、既に、検索時に求めていた答えを得たような気がしています。

sm110.comには、刺激的でありながらも、欲をいたずらに煽るのではない、静謐なお言葉があふれていました。

あなた様に身をゆだね、活き活きとされている女性方がとてもまぶしく、羨ましいと感じました。

常識や習慣、果ては誰かの願望など、世間には女性性に対する煩わしい命令がたくさんあるように感じます。

世の中には従う価値のない命令、雑音が入り混じっていて、それに従うべきか、従わざるべきか常に判断しなければならず、時折参ってしまうことがあります。

(例えば、私事で恐縮ですが、私は見もしない旦那様のために貞操を守っております。女性は貞淑であるべしという主なき命令に従っていると言えましょう。)

元気なときは問題ありません。

しかし、主なき命令のもろさゆえに、

「私はこれでいいのだ」と、思い込むことのできないゆらぎの時期が、たびたび訪れます。

そんな私にくらべ、M女性方のなんと凛としたことでしょうか。

敬慕される主宰者様との主従関係にはそのようなゆらぎはなく、なにより自分の感性に対し忠実でいらっしゃいます。

迷いも嘘もなく、芯の通った美しさが、すみずみから伝わってくるようです。

正直に申し上げますと、主宰者様は自分の全ての願望を叶えてくれそうな、素敵で不思議な方だと感じました。

まだまだ書き足りません。が、既にずいぶん欲張ってしまったので、そろそろ結びます。

このサイトを拝見出来て、とても嬉しかったです。

はてな、の使われ方や、写真に写ったあなた様の手、美味しそうな食べ物のお話が特に気に入りました。

ですが、このことについて書き始めると3倍の内容になってしまうので慎みます(笑)

最後に、お名前をお呼びすることが出来なかったのは、尊敬するM女性方と、とても同じ土俵に立てないと思ったからです。

一ファンという立場をとることで、許されること、許されないことがあるものですね。

また、楽しみに遊びに来ます。

ファンになった者より

夜分遅く失礼いたします。

今日、shadow様のサイトの記録から、偶然お誕生日だと拝見しました。

見ず知らずの者ですが、不思議な嬉しさがあります。

こんなことを言っていいのかわかりませんが、おめでとうございます。

昨秋サイトをはじめて見てからずっと、お礼をお伝えしたかったのですが 、ためらいつづけて今日まできてしまいました。

今日は特別だと思ってお礼を申し上げます。

私はマゾで幸せになることなんかはありえないとずっと思っていました。

けれど、サイトでshadow様のお言葉に触れるうちに、このままで幸せになりうるのかも知れないと思えるようになりました。

そうしたら、私の自然に自暴自棄なふるまいをしている所が気になったり、忘れていたことをふと、あ、これも今の私につながっていると、いやな気持ちではなく思い出すこともできるようになりました。

HPでこんなに影響が出ているのは初めてで戸惑ってはいます。

でも、とてもありがたく思っています。

これからも、どきどきしながら、どこか、少しなつかしい雰囲気のするサイトにお邪魔して、影響されることを大事にしていきたく存じます。

今年も暑い夏ですが、よい夏でありますように。

追伸

遠くない先、ご調教をお願いすることがあるかもしれないと夢想することもあります。

こんばんわ。

○○と申します。

こちらのサイトにご縁を感じましたのでメールさせていただきます。

わたしは視覚に障害があり目が見えません。

では何故メールを書くことができるのかとよく尋ねられますが、今はスマホもしゃべる時代ですし、方法はいくらでもあるのです。

そこを本題にしたいわけではないので、今回は勝手ながら割愛させていただきます。

わたしがshadow様にお伝えしたいことは、わたしもご主人様を求めている者の一人であるということです。

これまでに掲示板などを利用して何人かの男性に会いました。

複数プレイもしました。

しかし、理由は様々ですが、自分と相性のよい方とはまだお会いできておりません。

それでも、いくつか心に残っているエピソードがあります。

例えば、わたしの自慰をたばこをすいながら観賞してもらったこと。

例えば、手首を縛られた状態で食べ物や飲み物を与えられたこと。

もっと複雑に縛ってもらったことはありますが、わたしはこれが一番好きでした。

そう、デンマとかバイブを使われるより、上記のようなシンプルに、精神的な束縛を主にしたプレイにわたしは反応してきたのかもしれません。

だからshadow様のコラムを読ませていただいて、すごく共感することができました。

と言うより、まだお会いしたこともないshadow様に、コラムを通じてじわりじわりと犯していただいたような…

わたしは正直、大和撫子タイプではないので、shadow様の好みとはちがうかもしれません。

ただ、想像力を持って触れ合うという点でお話が合うかもしれないとわたしは思っています。

わたしはまたここに来てshadow様に犯していただくでしょう。

本当は、shadow様が使いやすいように調教していただきたいです。

よろしければ、ときどきメールを送らせてください。

それでは、また…

お久しぶりです。

千春です。

10年、もっとかなぁ…前に仲良くしていただきました。

覚えてないと思いますが…

名前も千春って名乗ってたかどうか…

何度かお会いして…このままshadow様に惚れてしまっては大変と、私の一方的な勝手で連絡を取らないようになりました。

10日程前に、たまたまホームページを見つけました。

気になり、覗いちゃいました。

あれからずっとこのホームページはあったんだと思い、気になりだして…

メールするのも、ものすごく悩みました。

でも、気になって気になって(^_^;)

お元気ですか?

って聞くのも変ですよね。

雑記読んじゃったので…お元気そうだし。

私も、元気です。

少しお酒の力も借りて…メールしました。

意味のわからなさ過ぎる、変なメールを送ってしまいスミマセンm(_ _)m


shadowへ何かメッセージをどうぞ(相談や調教依頼等お気軽に)


このページの先頭へ