彼女や妻とSMする方法

先ずは肉体関係を築く

SMプレイを始めるには先ず二人が肉体関係にあることが大前提。

妻や彼女とSMを始めたいというのであれば問題ないが、その他とSMを始めるには先ず普通にセックスできる関係にまで持っていく必要がある。

頑張って口説いて下さい。

一つだけ例外として意中の女性が真性マゾの場合は通常のプロセスを踏まず、いきなり強引にものにするという荒技もある。

この場合、いきなりのハード調教も全く問題ないし、むしろ手ぬるい調教こそ問題になる。

長年の願望が実現したことにより女性は(内心では)喜ぶはず。

ただし、相手が真性マゾでなかった場合、あなたは即犯罪者になる。

女性の反応が予想と違ったので途中で止めたところで強姦未遂等の法律に抵触する。

よって、100%では全くダメで、120%どころか200%の確信がなければ実行してはならない。

彼女や妻を調教している場面をイメージする

就寝前や暇な時間に希望の相手をSM調教しているシーンをあれこれイメージする。

イメージがリアルであればあるほど、イメージする頻度が高ければ高いほど、より短期間であなたの願望は実現する。

これはいわゆる引き寄せの法則を利用したものであり、何事であれ万人に適用される。

ステップ1

以下に述べるステップ1の各項目はセックスできる関係にあるのならいずれも自然に実行できるはず。

反応を探り、脈ありなら以後はその行為を毎回行う。

注意すべきは決して先を焦らないこと。

女性が一度心と体を閉ざしてしまったらもう次はない。

反対に女性のマゾ度が高い場合は早々にステップ2、場合によっては3に進む。

首筋や肩を軽く咬む

前戯やセックスの最中に首筋や肩を軽く咬んでみる。

これにより女性が更に高ぶったり興奮するようなら脈あり。

軽く首を絞める

前戯やセックスの最中に軽く首を絞める。

いきなり手指で絞めるのはあまりに露骨なので、先ずは手首や前腕を使ってさりげなく絞めること。

バックの時に尻を叩く

手のひらを使って先ずは軽めに。

感じるかどうかは別にして、マゾの気があるのなら少なくとも拒否はしないはず。

もし怒るようであれば残念ながらその女性とのSMは難しいかもしれない。

照明を明るくしてみる

羞恥心はマゾ気の現れであることも多く、いつも照明を暗くしたがる女性の場合、徐々に部屋を明るくしてみる。

マンコを覗き見るなどして視姦すれば更に効果的。

暗くして欲しいという訴えは基本無視で。

軽くしかる

何か粗相をしたら軽めにしかってみる。

素直に応じるようなら徐々に言葉を強くする。

目隠しをする

ラブホテルによっては枕元に目隠しが置いてあるので、あればそれを使ってみる。

言葉責めする

参考記事:調教百態のコーナー 言葉責め1 言葉責め2

少々乱暴にセックスする

多少犯すような感じでセックスする。

前戯を省くのも有効。

今までしなかったような恥ずかしい行為をする

性に奥手な女性に対して刺激のある行為を行ってみる。

清純そうに見えて実は淫乱などよくあるパターンなので、見た目の雰囲気で勝手に決め付けないこと。

例:騎上位、69

キスの時に髪の毛を掴む

最初からあまり強く掴むのもいけないが、顎が上がるくらいには掴んで引っ張ってみよう。

素人投稿雑誌を見せる

この手の雑誌を見たことがないのであれば相当な刺激になるはず。

かく言う俺もapple写真館は昔よく活用させてもらった。

乳首を噛んだりつねってみる

恥ずかしいポーズをさせる

単に恥ずかしいポーズをさせるだけではなく、必ず言葉責めとのセットで行うこと。

SM作品を鑑賞する

ラブホテルのアダルト番組が多チャンネルであったり作品を選べる場合、SMモノを二人で鑑賞する。

反応が良ければ「後で今のやってみない?」等々。

帰宅するなり玄関やキッチンでセックスする

妻や彼女を帰宅するなり犯してみる。

ただし、しょっちゅうやり過ぎると刺激が減るのでたまにでいい。

電マを使う

ラブホテルのベットに電マが据え置かれている場合、使ってみる。

注意すべきは、この方がより感じるだろうといきなり強い振動でやらないこと。

一番軽い刺激でしつこくやる方が効果的。

ローターを使う

小さなピンクローター程度であれば普通のカップルや夫婦でも違和感なく使えるだろう。

手首を縛る

といっていきなり麻縄を取り出しては引かれることもあるので、浴衣やバスロープの紐、ネクタイなどその時そこにあるもので縛ってみる。

正面で縛るのが初歩だが、反応が良いなら後ろ手に縛ってみる。

焦らす

ねちっこい前戯でたっぷりと濡らし、肝心のところは放置。

女性がじれ始めたら「どこをどうして欲しいの?」などと言葉責めする。

散々じらした挙げ句、犯すように抱いてやればメリハリがついて良い。

クリトリスにメンソレータムを塗ってじらせば効果倍増。

アナルを舐める

アナルを舐めてみる。

女性が感じるようならアナル調教やアナルセックスに持っていく。

アナルを舐めさせる

従順に奉仕するか否かの試金石ともなる。

何も文句を言わず素直に舐めてくれるようなら、次に足指舐めを頼む。

こちらも素直に応じるようなら、あなたが余程好かれているかMの資質大いにありだ。

いずれにせよ、ステップ2に進んでみればいい。

ステップ2

ステップ1に慣れてきたらステップ2へと進む。

ここまで来ればもうライトSMの範疇だ。

解説は省くがいろんな調教を試してみればいい。

女性のマゾ度が高い場合は早々にステップ3に進む。

・ステップ1の各項目の度合いを強くする

・バックでハメているときに髪の毛を強く掴む

・手指で露骨に首を絞める

・ノーパンデートする

・映画の最中にマンコを触る

・Hな画像を撮影する

・命令口調にする

・きつめにしかる

・お尻ペンペンする

・一緒に大人のオモチャ屋に行く

・公衆トイレや野外でセックスする

・首輪を付ける

ステップ3

ステップ2にも慣れてきたらいよいよ本格的なSM調教に移行する。

・麻縄で縛る

・鞭で打つ

・イマラチオする

・首輪にリードを付けて散歩する

・野外露出プレイ

・ハプニングバーに行く

・厳しくしかる

・罰を設定する...等々、ステップ3まで来れば後はお好きにどうぞ。



トップページへ戻る


本文タグ一覧: SM調教プレイ されたい たい      


このページの先頭へ