首輪

SM調教における最重要アイテムを一つ挙げろと問われれば迷うことなく麻縄と答えるが、「では二番目は?」と訊かれるとこれがなかなか難しい。

個人によっていろいろなこだわりがあるだろうが、一般的に考えれば次点としては首輪か鞭(ムチ)が挙がるだろう。

それくらいに今回取り上げた首輪はSMにおける大切なアイテムである。

SM初学者は麻縄やムチと共に必ず首輪も用意すべし。

あるいは、首輪に関してはM女自らに用意させるべし。

購入に際しては特にSM用である必要はなく、ホームセンター等で売られているペット用の首輪でも十分だ。

というか、むしろペット用の方が相応しいと俺は思う。

首輪の素晴らしい点は着脱簡単にして効果抜群ということに尽きる。

多少目立つが、普段使いさえ可能である点も応用範囲を著しく広げている。

リードを装着しないならば二人街中で過ごす時間においても首輪を付けたままで全く問題ない。

参考画像1



他のSMアイテムではなかなかここまでの利便性はない。

ましてや、普段使いなど困難だろう。

女性の首輪姿は多少の違和感を持って周囲から見られることになるが、露出を行うわけでなし、いくら見られても気にする必要はない。

見る人が見れば主従関係であることは一目瞭然だが、そこは自慢するくらいの気持ちでいればいい。

しかしながら、羞恥心の強いM女であればこれだけでも相当な精神的責めであり、衆人の中での困惑や恥ずかしさが入り交じった俯き加減の表情を楽しめることになる。

最も、最近では時代の流れなのかどうなのか腹の据わった若いM女も少なくないので、そのような表情を見る機会も以前に比べてめっきり減ったのは少々残念なところではある。

とはいえ、そんなM女にしたところで首輪にリードを装着して引っ張り回せばとたんに表情が変わる。

喘ぎ声さえ漏れる。

首輪に付けたリードを引っ張られるという感覚は、我々責め手の想像以上にM女心をくすぐるようだ。

首輪の感覚を知るために一度自分で装着し、手を伸ばしてリードを引っ張ってみたことがある。

簡単にできることなので責め手として一度は経験しておくといい。

かなりの絶対服従感を感じることだろう。

首や頭以外の部位であれば例え強く引っ張られても重心を落として抵抗することは可能だが、これが首ともなれば引かれるままに付いて行くしかない。

男なら多少の踏ん張りも効くだろうが、やったところで結局頸動脈を圧迫するだけ。

そうなれば普通ではいられない。

まして男が女を引くのであれば、そこには抗い難い絶対的な力を感じるはず。

そんな力にM女心が著しく反応するのだろう。

首輪を付けてリードで引っ張るとなればペットプレイと似ないっでもないが、SM調教的には首輪とペットプレイは全くの別物と考えるべき。

すなわち、首輪を装着したからといって、それが必ずしもペットプレイになるわけでもない。

恋人同士風のライトSMを楽しんでいる二人であれば、ホテルなり室内に入ると同時に先ず首輪の装着を勧める。

首輪の装着はONとOFFの時間を簡単かつ明確に区切ることができる。

いくら恋人同士風といったところで、多少の厳しさがあってこそのSMであると俺は思う。

ラブラブだからといって甘さの中にも厳しさは欠かせない。

プレイ前、首輪の装着がスイッチオンの合図だ。

普段は優しい男性も、一旦首輪を装着したならある程度は厳しい主人に成りきってみること。

女性もそれを求めている。

細かなテクニックだが、首輪を装着する再に二つの穴の中間がちょうどジャストの位置、という場合、迷わず首がよく締まる方の穴を選ぶこと。

その方がM女にとって首輪の存在感が増す。

決してユルユルにだらしなく装着しないこと。

リードで引かれたときの感覚も全く違ってくる。

ときどき街で首キツキツにチューカーなどを巻いている女性を見かけるが、つい「マゾだろうか?」と思わずにはいられない。

リストカット痕と同様、街中でSM相手を調達している男性には狙い目の一つである。

参考画像2



俺も時間に余裕のあった頃にはこのように一人一人手製の首輪を作って奴隷どもの首に巻いていた。

参考画像3

残念ながら今はそんな時間の余裕が全くなくなってしまったが、SMレザークラフトは将来的に必ず再開したい趣味の一つである。

雑記等で何度も書いたが、いつかハロウィンにかこつけて露出過多なボンデージ衣装を着させたM女の首輪を心斎橋筋商店街にて引き連れ回したいと思っている。

shadow

SM調教百態一覧へ戻る

実際に調教百態を受けたい方はこちらまでお気軽にどうぞ


本文タグ一覧: SM調教プレイ されたい たい 首輪されたい 首輪を引かれたい    


このページの先頭へ