メール調教

特に説明の必要もない項目だと思われるが、いささか注意点がある。

インターネットが普及し始めた頃のWEB上でのやり取りといえば、メールソフトを立ち上げてパソコン画面に向かいキーボード入力をするしか方法がなく、必然的に文章量もそれなりのものであった。

つまりは、デジタルでありながらもアナログ的な要素も多少は残っており、切手が要らずに世界のどこへでも瞬時に届く便利な手紙、というような感覚で使っていたように思う。

今にして思えば、この頃は古き良き電子メールの時代だったと言える。

ところが、携帯電話が普及してimodeという通信手段が登場すると状況が一気に変わることになる。

出先でもリアルタイムでメール着信を知ることができ、更にはその場において親指一つの操作で迅速かつ簡単に返信できるようになった。

今ではあまりにも当たり前のことだが、当時これは画期的なことだったのだ。

それまでメールの着信を知ったり返事を書くには一旦帰宅してパソコンの前に座る必要があったが、出先でそれら全てを済ませることができるようになった。

ここら辺りから、なるべく早く返事を返さなければならない、といったような社会風潮が出てくる。

今や時代はスマホ真っ盛りとなり、その流れはlineへと繋がっている。

今となってはメールと呼べるようなメールを送ってくる女性はかなり少数派だ。

ほとんどの女性はスマホからメールというよりも簡単なメッセージ的な文章を送信してくる。

その手軽さの代償とも言うべきなのか、スマホの場合、文章量がPCの場合に比べて明らかに少なくなる傾向にある。

年齢が若くなればなる程その傾向は顕著だ。

で、さっきから俺は何が言いたいかといえば、あまりに文章が短いとメール調教自体が成立しないのだ。

例えば、俺からの命令に対して「興奮しました」と一言だけ返事が返ってきたとしよう。

それに対して俺が何か長文のメールを返すかと言えば、そんなことは決してしない。

俺も何か一言返すのみ。

小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く、それが俺だ。

よって、それを最後に音信不通。

メール調教においてとても多いパターンである。

メール調教を希望するのであれば、長文を書けとまでは言わないが、ある程度の文章量が求められる。

メール調教で苦労しているS男性は相当多いのではないかと察する。

俺の場合なら音信不通になったところで所詮その程度の関係だったと割り切るだけだが、これは俺にいささか余裕があるから可能なことであって、普通ならばせっかく努力や苦労をして手に入れたSM相手であればそう簡単に諦めるわけにはいかないだろう。

女性の素っ気ないメールに対しても何とかなだめすかしては関係を維持し、あわよくばリアル調教に...そう考えるのは男なら当然のことである。

ただしこのような場合、女性に嫌われまいと媚びた時点でもう負けである。

負け、というよりも下手に出た時点で主ではいられない。

そんな卑屈な精神的態度をM女は敏感に感じ取る。

そして必ず、そう遠くない内に去るだろう。

ならば男として、主として、決して媚びることなく堂々言いたいことを言えばいいではないか、同志。

そんな潔い主としての態度が次の良い出会いの伏線になると俺は言いたい。

自分が嫌われたくないばかりについ媚びてしまうような男性はいつまで経ってもそのレベルから抜け出せない。

男として、主として、強くあること。

メール調教という二人の関係が不安定な時期において、そのことが最大限試されていると俺は思う。

その一方において、素晴らしい文章でメール調教の課題に対する報告が返ってくるM女もいる。

それはもはや極上の私的SM小説だ。

当然こちらの返信にも気合いが入り、それが更に好循環となる。

このようなM女の場合、ただ楽しめばいいのだ。

ただし、ここでも失うことを恐れて下手に出るような態度だけは避けねばならない。

素敵な文章を書くM女であれば、尚更そんな貴男の気持ちを敏感に汲み取る。

ある意味、我々はヤクザと同様絶対に引けない悲しい人種でもある。

過去、泣いて馬蜀を切ったことが一体何度あることか。

我々に与えられる特権はそんな悲しい生き方への天からの慈悲とも言えよう。

shadow

SM調教百態一覧へ戻る

実際に調教百態を受けたい方はこちらまでお気軽にどうぞ


本文タグ一覧: SM調教プレイ されたい たい メール調教を受けたい メール調教されたい SMメール調教 SM MAIL  


このページの先頭へ