空間の匂い

においのある空間は同時にSMが絵になる空間でもある。

海外のSMが女王様主体のボンデージなSMなら、日本には少しばかり前までじっとりとした和空間のSM美が確かに存在した。

そして、そんな空間の匂いの豊かなこと。

例えば、畳のにおいであるとか木材の臭い。

線香の香りも悪いものじゃないし、香取線香も素晴らしい。

雨が降ったときの和室独特の湿気のにおいも素敵だ。

その他、かすかに庭から香る樹木のにおいや、押入のすえたにおい。

書斎の本、土間の土、ひのき風呂、トイレ、雨戸を閉めた時の独特のにおい、蔵の冷たい空気、つくばいの苔、水盆の淀んだ水の香り...等々

それらはSM的媚薬とさえ言えるほどに我々(あるいは俺だけ?)を魅了する。

現実問題、我々はラブホテルやシティーホテル等でSMを行うわけであり、それは仕方のないことではあるのだが、いくら最上階のスウィートを取ろうが、風情という点においては上記に遙かに劣る。

ラブホテルなら尚更だ。

そういう意味において昔の日本建築は実に空間のにおいが豊かであるし、これほどSMが絵になる場所も他にない。

これに太陽光あるいは月明かりや灯、ロウソクという要素を加味することにより、それ自体SMを行うに完璧なダンジョンとなる。

SMに似合う照明は二種類あり、一つはほんのちょっとしたところから差し込んでくるわずかな明かり。

もう一つは、下からの明かりだ。

特に下からの照明の効果は絶大で、上から照らせば単に明るいの一言だが、

それが下からとなれば何とも言えない雰囲気があり、幻想的だ。

満開の桜を下から照らした時の幽玄を思い出されたい。

畳の部屋に百目蝋燭一本置いただけでもその雰囲気は素晴らしく妖しいものになる。

何故これほど我々にとって幻想的であるのかといえば、一説には日常ではありえない角度からの光源であるので新鮮に感じるからであり、もう一説には下からの明かり即ち古代人の火であり、それはDNAの奥深くに眠っている我々の何かを刺激する。

日本人なら囲炉裏や薪がそれに当たる。

最もつまらなく、それでいて最も主流なのが上からの蛍光灯の明かりだが、とにかく、照明については別項で詳しく述べる必要がある。

M女の正装は和服であると個人的には主張するが、同時にそれは最も日本建築に似合う服装でもある。

海外SMの場合、わざわざボンデージファッションという正装に着替えるわけであるが、日本の場合、一昔前までは普段着の着物や襦袢のままで縛られたりしていた。

これこそまさに日常の中の非日常である。

においというのは人の記憶に強烈に働きかける。

何かのにおいを嗅いだ瞬間、懐かしい昔の記憶が脳裏に浮かぶのは俺だけではないだろう。

例えば畳の香りで緊縛を思い出すならば、更には相手の男を思い出すならば、これほど調教師冥利に尽きることはない。

女性によっては緊縛という事実よりもにおいそのものを思い出にする場合もある。

縛り、鞭打てばそれも立派なSMだが、そこに照明やらにおい等の要素を加味するならば、その範囲は建築にまで及び、こうなれば茶道やら華道の精神に通ずるものがあると書けば、そっちの方々からひんしゅくを買うだろうか?

とにかく、あれこれ興味を持ち始めれば精神性のみならずその他においても非常に奥の深い世界であり、歳を重ねるにつれそういった興味が尽きない。

これもまたSMの一つの楽しみだろう。

shadow

SM調教百態一覧へ戻る

実際に調教百態を受けたい方はこちらまでお気軽にどうぞ


本文タグ一覧: SM調教プレイ されたい たい 空間の匂い 空間の香り SMと日本建築 日本建築とSM調教  


このページの先頭へ