焦らし責め

女性を焦らるというそのテクニック(行為)は何もSMに限ったことではなく、通常のセックスにおいても意識していようがいまいが広く行われている。

よって、SM未経験者であってもその言葉からは容易に内容を想像できるだろう。

女性の望む行為を遅延させれば、すなわちそれが焦らしとなる。

これは立派な責めだ。

ただ通常と異なる点は、SMの場合もっと露骨な焦らしが行われるということ。

多くは言葉責めも同時に行われる。

焦らしについては、鳥の羽などで肌を撫で続ける、クリトリスやヴァギナに刺激物を塗って放置する...等々。

十分に潤った女性器を無視することは人間の本能である生理現象にも反する。

それは無情であり屈辱であると同時に摩擦を欲し、よって、与えるという行為が慈悲の精神へと繋がる。

慈悲という言葉の裏には既に主従関係が内包されている。

SMに興味があるが、果たして彼女は受け入れてくれるだろうか?

そんな場合、判断材料の一つとして焦らしが極めて有効な方法になる。

もしM性の資質があるならば、焦らし責めによってとたんにそれが表面化するだろう。

多少高圧的に望むものを与えてやれば、その反応でM性を概ね判断することができるのだ。

与える際には敬語を使わせること。

「欲しい」や「ちょーだい」ではなく「~して下さい」とはっきり言わせる。

これこそが調教の第一歩である。

そんな状況でも高慢な言葉が聞かれるようならば残念ながら望み薄だ。

もしM性があるなら、高圧的な言葉に対して、貴男が感激するような返事を聞くことができるだろう。

ただし、いきなり高圧的にならず、徐々に程度を上げていくこと。

最初に一歩引かれてしまってはせっかくのM性も眠ったままだ。

焦らしによる言葉責めは道具を必要としないので極めて重宝するだろう。

初めての女性とベットインしたときはさりげなくチェックすべし。

脈ありであれば、初回からS性全快で畳み掛ける。

彼女にとってそれは忘れがたい経験になるだろう。

こうなると再びあなたに身をゆだねる可能性が高い。

二度目以降は遠慮を開放して仕込みを始める。

奴隷誕生の瞬間だである。

女性が我慢できずに発する「お願いですから・・・して下さい」という台詞に私たちの多くは快感を覚える。

女性にしても、やっとこさ次の行為へ進んだときの快感は通常以上だろう。

つまり、焦らしとは興奮剤でもある。

ただし、焦らせば焦らす程興奮するかといえばそうでもない。

あまりに焦らし過ぎると女性の意識は徐々に元の世界に戻ってしまう。

その一歩手前で焦らしを終えるのが効果としては最大だが、山を見極めるのは熟練者でも困難であるので、少し早めに切り上げるのが無難だ。

ちなみに、S性の強い女性を焦らし続けると彼女はやがて怒り始めるだろう。

大切なのは責めにおけるリズム感。

焦らしを有効に用いれば、本来ならば間延びする時間帯においても流れが決して止まらない。

特にプレイ後半の焦らしについては応用が利くので是非マスターしたい。

では、どうすれば?と訊かれそうだが、いちいち例を挙げているときりがないので状況によって臨機応変としか答えようがない。

SMを愛する者ならば、各自で創意工夫されたい。

余談だが、途中で一呼吸置きたくなった場合の非常手段とは、すなわち女性を失神させてしまうこと。

あるいは失神が無理でも、ノックアウト状態にする。

そうすればリズムが強制的に止まるので、その間は何をやってもダレることはないだろう。

こうしたメリハリについて注意を払うことも中・上級者には必要だ。

ある程度慣れてきたらこだわってみよう。

shadow

SM調教百態一覧へ戻る

実際に調教百態を受けたい方はこちらまでお気軽にどうぞ


本文タグ一覧: SM調教プレイ されたい たい 焦らし責め 女性を焦らす じらし攻め   


このページの先頭へ