フィストファック 膣拡張

フィストファックとは女性の膣に拳を挿入し、手首まですっぽりと挿入してしまうこと。

俺自身そのような行為に別段興味はないが、愛好者は意外に多い。

素人投稿系でもそのような画像を散見することができる。

この世界、とかく広げるのが好きな人が少なくない。

楽しいなら大いにやればいいが、その代償として膣の締まりを放棄しなければならない。

結果、俗に言うユルユル、ガバガバ、太平洋と言われる状態になる。

アナル拡張ほど悲惨な結果を招くことにはならないだろうが、膣の締まりを重要視する男性が世の中には非常に多いということも忘れてはならない。

出産が容易になるという利点はあるが、かといってその為に行うのもばかげている。

世の中、フィストファックを好む主もいれば、反対にバナナが切断できるようになったと喜ぶ主もいる。

主もいろいろだ。

フィストファックを行うには膣を拡張しなければならないが、期間を要するもののその方法は実に簡単だ。

徐々に膣に太いものを挿入し、膣の筋肉を緩めてやればいいだけのこと。

入れるものは何でも良いが、途中経過としてのコーラ瓶は皆もよく聞く話だろう。

膣が裂けてしまわないように必ずローションを用いる。

出し入れだけではなく、入れっぱなしにしておけば更なる効果が期待できるが、何が起ころうが当然自己責任だ。

子宮に対するダメージは最大限考慮されなければならない。

決して一晩でフィストファックまでもっていこうなどと無謀なことは考えないこと。

どれくらいの期間をかければ良いのかは持って生まれた括約筋の形態状態で人それぞれだが、半年もかければ十分だろう。

注意すべきことがある。

筋肉の構造上、膣の筋肉とアナルの筋肉は八の字の形で一本に繋がっており、膣の拡張とアナルの拡張を同時に行うのは無茶だ。

というよりも意味がない。

どちらか一方にすべき。

よって、膣の拡張調教を行えばアナルの締まりを期待でき、またその逆も言えるが、どの程度までの効果があるのかは定かでない。

アナル拡張の弊害により私生活においてオムツが必要になってしまった場合、膣拡張調教による復帰療法もあるということを付け加えておく。

ついでなので、フィストファックの変形というか上位系にも簡単に触れておこう。

まずはレッグファック。

足を膣に挿入する行為でフィストファックよりも更に難易度、危険度は上がる。

究極ともいえるのがヘッドファック。

相当のマニアにならないと行わない行為だが、この場合責めというより男も女もMであることが多いようだ。

スキンヘッドにした頭を膣に突っ込むわけだが、昔これで死者が出たそうで、以後は空気取りのチューブを鼻か口に通してから入る(?)のが主流だそうだ。

膣に顔面を突っ込んだ男はそこで一体何を想うのか?

まあ、M男にしてみれば桃源郷にして至福の境地なのだろう。

世の中広い。

いろいろとマイナス面を取り上げたが、当サイトは初心者M女性を対象としているので主宰者として致し方ないところである。

しかしながら、単純にその大きさから考えても分かることだが、女がフィストファックで得られる挿入感は半端ない。

それが証拠に、突っ込んだと思ったら途端に達する場合が多い、ということを最後に伝えておく。

shadow

SM調教百態一覧へ戻る

実際に調教百態を受けたい方はこちらまでお気軽にどうぞ


本文タグ一覧: SM調教プレイ されたい たい フィストファックされたい 膣拡張されたい    


このページの先頭へ