SM代理調教依頼

女性本人からの依頼に比べればまだまだ少ないが、ある程度の割合で代理調教の依頼や問い合わせが来る。

男性からshadow様などと書かれるとこそばゆい思いがするが、先方は真剣だ。

俺の考えとしては、自分の技量が足りない、あるいは経験不足等のせいでパートナーが開花しないからといって安易に他人にM化を委ねるのは如何なものかと思う。

大切な相手であるのなら、自分であれこれ創意工夫して技量を高めればいいのだ。

それもまた楽しみであり、そもそも調教できる女性がいるだけで相当に幸せなことである。

その楽しみや喜びをみすみす放棄してはもったいない。

SMサイトも多数ある昨今、初学者の学習環境は非常に恵まれている。

昔は情報自体とても少なかったので、その手の活字雑誌を読んでは、「なるほど、こういう責めもあるのか!」と想像をたくましくしたものだ。

今思えばそれもある意味センスを磨くトレーニングであったが、想像力に自信がなければが直接映像を参考にすればよい。

ネットでいくらでも手に入る便利な時代になった。

それら主の努力の末、まだ技量が及ばずともそれはそれで良いじゃないか、M女諸君。

それで冷めるなら最初からパートナーになるなと俺は言いたい。

貴女に対する主のその努力こそ愛おしく感じるべき対象だ。

というわけで、俺は基本的に代理調教につき反対の立場をとっている。

代理調教はむしろ性の上級者の酔狂と考えるべきだ。

そのM女を先方にくれてやるくらいの余裕があってこそ行える行為だろう。

例え代理調教に成功したところで渡辺淳一の「シャトウルージュ」という小説にもあったように、あくまで調教を施した人間にとってのM女となる可能性が高い。

性欲は理性を遙かに凌駕するからだ。

最終的にあなたの所有ではなくなるかもしれない。

安易に己の宝を他人に預けるべきではない。

shadow

SM調教百態一覧へ戻る

実際に調教百態を受けたい方はこちらまでお気軽にどうぞ


本文タグ一覧: SM調教プレイ されたい たい SM代理調教依頼 プロ調教師 他人に任せる 奴隷を預ける 寝取られ ニャンニャンNTR


このページの先頭へ