SM 110.com 携帯版トップページへ

SM 110.com パソコン版トップページへ

7/31
今週の建物探訪は満を持しての北原照久邸だ。氏は世界的なティントイ(ブリキ玩具)コレクターとして知られるが、逗子の邸宅は各方面で広く紹介される程に魅力的な一件で、誰もが「いつかは、あんな家に」と思うだろう。興味のある方はどうぞ。

7/30
昨日は仕事を早めに終えて「アート・オブ・スターウォーズ展」に行ってきた。民営化のあおりで国立の美術館なども独立採算による収益を考えなければならなくなったようで、由緒ある場所でこのようなハイカラな催しは非常に珍しいそうだ。ということで、阪急河原町から高瀬川沿いの裏道をてくてく歩きつつ平安神宮横にある京都国立美術館まで向かったものの、スターウォーズのスの字もない。交番で訊ねると、京都国立博物館の方だと言う。まあ、ロクに会場を調べもせずにふらっと行ったので仕方がない。タクシーで移動すると、スターウォーズとは相容れないような荘厳な博物館に到着した。入場料は1,400円でなかなかいい値段だ。中に入ればイメージ原画やら実際の撮影で使われた模型、小道具、衣装、マスクなどが展示されている。今回はエピソード4,5,6にまつわる展示だったが、エピソード1に登場したアナキンのポットもあった。このポットに限らず、原寸大の品はスクリーンで見るよりもどれも非常にでかい。会場も広くて、想像していた以上に見応えがあった。来春にはエピソード1,2の展示があるそうだ。この催しはNHKのニュースで知ったが、8月の中頃まで京都で やっていて、名古屋でも巡回展があるそうだ。少々高いが、本物のダース・ベーダーが見たい方はどうぞ。京阪七条駅徒歩10分弱。平日なのでとてもゆったり見れたが、外人がやけに多かった。やはり本場での人気は絶大なのだろう。

7/29
最近では4,50代の男性も電車内で携帯メールを打つ場面をしょっちゅう見かけるようになった。業務連絡のようにも見えず、もちろん妻へのラブメールでもなかろう。となるとやはり出会い系か?と思ってしまうのだが、真相はどうだろう?

7/28
週末、今度はミナミでも山頭火を発見。前回この道を通った時はなかったので、最近出店したのだろう。味噌は不味いと聞いていたので、醤油にチャレンジしてみた。塩もそうだが、純粋な醤油味ではなくてトンコツ醤油だ。今流行の昆布やら煮干しの出汁も利いている。まあ、そこいらの塩や醤油よりはがぜん美味しいが、山頭火のラーメンはちょっと高い。量が少ないと言うべきか。小ぶりの丼で出てくるので、俺など二杯食べてちょうどいいくらいだ。あまり大阪向けではないね。こちらも行列はできておらず、そのうちことごとく撤退しそうな気がする。ピンクアドベが閉店していたし、老舗喫茶店のプランタンも最近なくなった。山頭火は以前何屋だったか全く思い出せないが、こういう店の移り変わりに時の流れを感じる。

7/24
面白いものを見た。蟻がとても大きな荷物を引っ張っていたので何となく目で追っていたら、突然土が盛り上がって蝉の幼虫が出てきた。なかなか貴重なシーンではある。わざわざ書くようなことでもないが、まあ今日も平穏無事な一日だったということだ。

7/23
最近ゴーヤをよく食べる。ちょっと前まではチャンプルのみだったが、今では味噌汁、カレー、漬け物、サラダ、パスタ等々に大活躍だ。好き嫌いのはっきり分かれる食べ物だろうが、俺は見事にハマッた。ゴーヤ好きの方に朗報。あのタネには脂肪燃焼を促す共役リノール酸が豊富に含まれてるので、決して捨ててはいけない。レンジでチンすればポリポリ喰える。朝食時にどうぞ。あるいは、その手の趣味がある方は栽培してみればいい。おおよそ三ヶ月で食べ頃になる驚異のスピード成長だ。間借りしている畑で取れたゴーヤを親父がしょっちゅう持って帰ってくるが全く苦にならない。今度はシンプルに卵とあえてみようと思う。

7/22
月曜の休日というのはどうも時差ボケならぬ日ボケになる。昨日は日曜のような気分だったし、今日が火曜とは思えない。ということは、あと三日で休みなわけで嬉しくもあるが、そもそも休みが楽しみなどというのは大人の男として頂けない。仕事が楽しくて仕方ない、と、いつの日か言ってみたいものだ。

7/15
先週金曜、酒豪Tはバトルロワイヤル2のCMに痛くご立腹だった。彼は未だ小説を読んでおらず、極めてひっぱりがちなストーリー、かつ隔週発売にもかかわらず、ヤングチャンピオンの発売日を毎回首を長くして待っている口なのだが、あのCMで誰が生き残ったか知ってしまったようだ。漫画の連載はぼちぼちクライマックスにさしかかっているが、確かにあのCMははちょっと配慮に欠けているかもしれない。今度2の小説でも買うか。

7/14
週末、ジュンク堂にていつもの巡回コース。新作の責め絵画集を発見。タイトルには「笠間しろう自選原画集」とある。一冊だけサンプルとしてビニールカバーがなかったので(ありがとう、ジュンク堂!今後もできるだけお宅で買いまっせ!)中身を見ることができた。感想はよしておくが、買わなかったということを一言述べておく。興味のある方はどうぞ。

7/10
調教百態の項目を順番にイラスト化していくことにした。挿し絵のようなかたちで文章の途中に添えたかったのだが、そうするとimodeでは見られなくなるので断念。サーバー容量の限度まであと何枚ほどアップできるのだろうかと調べたら、150枚はいけそうだ。これなら当分新たに契約しなくて済む。ドメインを使用していることもあり、月々のサイト維持費もばかにならないので助かる。

7/9
ラーメンといえば先週飲みでキタ新地あたりをうろついていたら偶然あの有名な「山頭火」を発見した。キタのどこかに出店したとは聞いていたが、こんなへんぴな場所だったとは。そのせいかどうなのか、あの知名度とは裏腹に行列全くなし。博多のラーメンスタジアムで見た時とは大違いだ。当然味のチェックということで名物の塩ラーメンを注文してみたが、そもそもコッテリ系が好きなのでどうも俺にはパンチがない。味噌と醤油もあったので、今度はそっちを食べてみよう。新地辺りなら神虎の超コテが一番好きだ。

7/8
イラストに使う紙が切れたので昨日心斎橋の画材店まで補充しに行った。その近所で彩華ラーメンを発見。いつの間にやらこんな場所に出店していたようだ。メニューを見る限りやはりあの有名な天理の彩華ラーメンに間違いないようで、早速食べてみた。神座のラーメンにとても似ているがニンニクが強烈で、まるで熊本ラーメンのよう。ノーマルなら一杯500円と安くて美味しいが、感動する程の味でもない、と食べた時は思った。しかし一日たった現在、またあのラーメンが食べたくて仕方がない。ひょっとしたらハマッたかも。

7/3
ボーナスシーズンとあって先週あたりから飲みに行こうとよく声がかかるが、ごちそうも続けば有り難みがうすれる。明日も飲みに行くが、ぼちぼちちょっと変わった店がいい。神戸にでも行って台湾料理などそそるが、皆が賛成するだろうか?あるいは大正で沖縄料理なんてのもいい。とにかく、普通の居酒屋で若鶏の唐揚げやらささみチーズはもうご免こうむりたい。

翌月の雑記へ