SM 110.com パソコン版トップページへ


15日

食欲の秋ということで、いきなりだが私的ランキングを発表する。

shadow的に飯がすすむおかずベスト3

1:タイグリーンカレー

2:麻婆豆腐

3:回鍋肉

shadow的にご飯がすすむ飯の友ベスト3

1:桃屋穂先メンマやわらぎ

2位及び3位は1位があまりにぶっちぎりなため該当なし

番外:焼きソーセージ、明太子


8日

先日、俺は本当の金持ちというものを見たので紹介する。

それは俺が中華料理屋の赤いカウンターで豚足を肴に老酒をチビチビやっていた時のこと、一人の中年男性が店に入ってきて、

男:「あの、酢豚定食下さい」

女子店員:「すいません、もう定食の時間終わったんです」

男:「あ、そう、じゃあ単品で酢豚とご飯と玉子スープとザーサイ下さい」

女子店員:「はい、わかりました」

そんなやり取りがあった。

この会話が俺の心を直撃した。

俺は内心で「この男、なかなかやりよる...」と思ったものだ。

メニューを見ずに単品でザーサイを注文するあたりからして常連なのだろう。

であれば概ねの金額も察しがつくはず。

そこで準常連の俺はメニューをチェックして彼の注文総額マイナス酢豚定食の金額を計算してみたところ、何とその差額850円である。

玉子スープ380円、ザーサイ350円が差額の主たる原因だ。

その分出てくるスープやザーサイの量はかなり多くなるが、そういうことで辻褄が合う話でもない。

彼は倍以上の金額を支払ってまで自分が食べたかった酢豚定食を食べていることになる。

そして、平然と会計を済ませて出ていった。

以下、俺の心のつぶやき...

「あの芸当が俺にできるか?

ううむ、できん。

完敗や。

久しぶりにデカい男を見たな。

ああいう人物を本当の金持ちというんや

フェラーリ乗ってるとか、ロレックスはめてるとか、そういうことやない。

金を一切気にすることなく、自分のやりたいことをやる、それが真の金持ちや。

豪邸に住みながらけちくさい人間は世の中ごまんといるのに、なんと見事な金の使いっぷり。

俺もかくありたいもんやな。」

ああ、久しぶり素敵な男を見たな、ありがとう。


1日

先日、居間にて豪快に放屁したら隣の部屋にいた親父が、「え、なんて?」と言ってきた。

こういう日常の一コマを幸せというのだろう。


翌月の雑記を読む